• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

有限会社戸田設計

『JW_CAD』の使い手が『ARCHITREND Z』を導入しプレゼンテーション力をアップ

有限会社戸田設計は、自作の外部変形プログラムを組んでフリーソフトの『JW_CAD』を自在に活用している。今回は、施主へのプレゼンテーション力を強化するため、外観や内観の3Dパースを簡単に作成できる3次元建築設計支援システム『ARCHITREND Z』を導入。操作性に優れたメリットを活かしながら、屋根形状コマンドなどの豊富な機能や、建材データのポータルサイトなどを有効活用し、3Dパースを使ったプレゼンテーションで顧客満足度の向上を実現すると共に、作業効率の大幅な向上を実現している。

導入の狙い
施主へのプレゼンテーション力の強化
導入システム
ARCHITREND Z
導入効果
顧客満足度のアップと作業効率の大幅な向上を実現

戸田設計では、住宅をはじめとする自社設計物件とともに、年間100棟におよぶ確認申請の手続き代行業務も意欲的に行っている

戸田設計では、住宅をはじめとする自社設計物件とともに、年間100棟におよぶ確認申請の手続き代行業務も意欲的に行っている

自作の外部変形プログラムで年間100棟の代願業務をひとりでこなす

東京都大田区にある有限会社戸田設計は、1994年に独立開業した建築設計事務所だ。建売業者の確認申請の手続き代行業務を年間100棟ほど行っており、同社全体の売上のうち約4割を占めている。その一方で近年、ハウスメーカーに押され気味な工務店をバックアップするため、地域の工務店に協力して住宅などの自社設計物件を意欲的に行っている。開業当時は、手書きの図面の方が仕上がりも早く、顧客の印象も良かったという。しかしその後、工務店に出入りしている他の建築設計事務所が、CADの図面を持ってくるケースが増え、顧客からの印象も変わってきた。そのため、手書きからCADへ移行することで、もっとスピーディに設計業務が行えるようになるのであれば、CADへ全面的に移行しようと決断。そこで、インターネット上から無料でダウンロードして使える、『JW_CAD』というフリーソフトを活用するようになった。

同社代表取締役の戸田知治氏は、「もともとデスクワークよりも現場に行く方が好きな性分なので、図面を今よりも速く描きたいという一心からCADの導入を決意しました。そのためには、一刻も早くCADの操作を覚えて、使いこなさなくてはなりません。そこで、これまで使っていたドラフターを思い切って捨て、CADしか使えない状況に自分自身を追い込みました。当初は、独学で使っていたのですが、得意先の工務店の社長さんから、『JW_CAD』を使いこなしているという、高校の先輩の建築設計士さんを紹介してもらいました。そのとき、簡単な操作で、図形や文字が自動で描けるのを見て衝撃を覚えました。以来、自分も『JW_CAD』をマスターしたいと思い、その人のもとに半年間、毎日のように通って、いろいろ教えていただきました。そのおかげで、自分でも『JW_CAD』用の外部変形プログラムを組めるようになりました。これを使えば、確認申請業務を行うときに、他の人が1日以上かかる仕事を2時間でできるようになり、ひとりで年間、100棟の仕事をこなせるようになったのです」と語る。

このように戸田氏は、「どうせCADに移行するならば、その道のトップを目指そう」という意気込みで『JW_CAD』をマスターし、今では『JW_CAD』の解説書を共著で執筆するほどのスキルを身につけている。しかし、『JW_CAD』は2次元図面しか作成できないことから、今回新たに3次元建築設計支援システム『ARCHITREND 21 Ver.9』を導入。これにより、建築デザインを施主にプレゼンテーションする際の表現力を飛躍的に高めることに成功している。

3次元CADの導入でプレゼンテーション力を高める

今回、3次元建築設計支援システム『ARCHITREND 21 Ver.9』を導入した背景には、施主へのプレゼンテーション力を高めることによって、今後も引き続き、建築設計事務所の勝ち組として成長していきたいという狙いがあった。

「最近は、内観パースや外観パースを使って見栄えのいいプレゼンをする建築設計事務所が増えてきています。これからは、3Dパースやウォークスルー機能を駆使したプレゼンを行わないと、勝ち組に残れないのではないかと感じています。われわれ建築設計士は、平面図を見れば頭の中で立体的なイメージを膨らますことができます。しかし、それをお客様に求めることはできませんし、実際、モノクロの図面を見せるよりも、お客様の評判はいいです」と戸田氏は語る。

実際に『ARCHITREND 21 Ver.9』を導入する決め手になったのは、以前から電話機やパソコンなどの導入で取引のあった大塚商会に相談し、そのデモンストレーションを見たときだった。

「もともと『ARCHITREND』については、以前から知り合いが導入していたので知っていたのですが、3Dパースを作成するのに1日くらいかかると聞いていたので、それが半日くらいでできれば導入してもいいかなと思っていました。ところが、『ARCHITREND 21 Ver.9』を見たときに、知り合いが使っていたものよりも大幅にバージョンアップしていたこともあり、思ったよりも速くできそうだなと感じたのです。また、内観パースや外観パースのサンプルもとてもきれいだったので、是非導入してみようと決断したのです」と戸田氏は語る。

こうして同社は、2005年3月末に『ARCHITREND 21 Ver.9』の製品群のなかから平面図などの基本プログラムとハイクオリティーなCG機能を持つパーススタジオオプションを導入。 そして、「せっかく導入するのだから、早く上達したい」という思いから、毎晩、仕事が終わり、子供を寝かせた後に、独学で操作方法を学んでいるという。 「幸い、『ARCHITREND 21 Ver.9』の基本的な操作方法が『JW_CAD』の操作性を取り入れていたので、何回か練習しているうちに、3Dパースを1時間くらいで作れるようになりました。 まだまだ覚えなければならないことはたくさんありますが、操作がしやすいことも『ARCHITREND 21 Ver.9』の大きな魅力ですね」と戸田氏は語る。

代表取締役
戸田知治氏

代表取締役
戸田知治氏
「大塚商会さんはマルチベンダー対応なので、電話機からパソコン、CADシステムまでひとつの窓口で済むので、何かお願いしたい時にも、すぐに対応してもらえて、とても助かります。サプライ品も、電話一本でその日に届けてもらえるので大変便利ですね」

操作性に優れた新機能で特殊な屋根形状も一発配置

『ARCHITREND 21 Ver.9』を導入してからまだ間もないが、その導入効果は顕著だった。たとえば、『JW_CAD』のデータ読み込みがスムーズに行えるため、『JW_CAD』で作成した平面図を3Dパースの下書きとして読み込ませたり、逆に、『ARCHITREND 21 Ver.9』で作成したデータを『JW_CAD』で読み込むことによって、既存の『JW_CAD』の外部変形プログラムを使って詳細設計や確認申請図書作成などが行えるようになった。

「そのうえ、『ARCHITREND 21 Ver.9』には便利な新機能が豊富に備わっており、そのなかでも特に屋根形状コマンドが強化されたことが大きな導入メリットとなった。屋根形状を事前に把握できる3次元屋根シミュレーション機能を搭載し、屋根をユニット化したことにより、特殊形状の屋根でも、一発で配置・変更が可能になったからだ。

「都内の住宅地では、隣地や道路の日照を確保するための各種斜線制限があるので、屋根を部分的に低くする母屋下がり(もやさがり)の家が多くなります。 その母屋下がりのパーツを使えるCADソフトはあまりないので、非常に手間がかかる作業なのですが、『ARCHITREND 21 Ver.9』では、 それが簡単に行えるので作業がとても楽になりました」と戸田氏は語る。

また、『CG』を導入したことにより、立体的で見栄えのいいプレゼンテーションが行えるようになり、ハウスメーカーのプレゼンテーションに引けを取らない大きな強みとなった。

「お客様からも大変好評です。 2次元図面ではテーブルや照明器具などをどこに配置すればよいか、なかなか決まらずに、実際に完成してみたら、別の場所の方がよかったといったことに、後から気が付くことがよくあるのですが、今はその心配もありません。お客様と打ち合わせをしながら、外壁や内装を決めていく作業もスピーディに行えるようになりましたし、完成イメージを事前に確認できるので、結果的にお客様の満足度は高いですね。ただ、どんなに素晴らしいデザインでも、完成した住宅を見ると、ここはこうすることもできたな・・・・・・と思うお客様がほとんどです。これまで満足度が50%だったものが70%になるだけでも、大きな導入メリットとなります。また、建築設計にとっても、いろいろな配置を事前にシミュレーションできるので非常に役立っています」と戸田氏は導入効果に満足している。

施工現場や施主との打ち合わせを重要視しているため、CAD活用による設計作業の効率アップには人一倍意欲が高い

施工現場や施主との打ち合わせを重要視しているため、CAD活用による設計作業の効率アップには人一倍意欲が高い

5万点が収録されている建材データサイトを有効活用

さらに国内最大規模の建材データサイト「Virtual House.NET」には、ARCHITRENDシリーズの標準建材DB「Archi Master」用のデータとして、62社、3万点(2005年7月現在)のメーカー建材と2万点のオリジナル建材が収録されている。この豊富な建材を『ARCHITREND 21 Ver.9』に取り込むことによって、施主のさまざまな要望に応えることができるようになる。実際、同社では、このサイトを有効活用して顧客サービスの向上を実現している。

「建材データサイトには、有名なメーカーの建材がそろっており、そのデータを無料でダウンロードできるので、システムキッチンや建具などをダウンロードさせてもらっています。たとえば、お客様が建材のカタログを見て、外壁をグレー系とベージュ系のどちらにするか悩んでいるときに、建材データサイトでその2種類のタイルをダウンロードして『ARCHITREND 21 Ver.9』で印刷したものをご覧いただくと、すぐに決まるんです。そのため、お客様も大変喜ばれています」と戸田氏は語る。

また同社では、有料のアーキトレンド専用CG素材ポータルサイト「DATA STATION」も有効活用している。同サイトでは、照明器具などメーカー建材をはじめ、リアルな自動車や樹木、人物など、ハイグレードな3次元データやテクスチャが収録されており、3Dパースを使ったプレゼンテーションに役立てることができる。

「リアルな自動車や人物などをダウンロードして、画面上に自由に配置できるので、プレゼンテーションの見栄えがとてもよくなります。利用料は年間6万円ですが、すぐに元を取ることができますね」と戸田氏はその効果を実感している。

同社では、こうした便利なポータルサイトを有効活用しながら、今後、『ARCHITREND 21 Ver.9』での詳細設計、確認申請図書作成も視野に入れている。さらにCADを上手に使いこなすことで作業効率と顧客満足度の向上を図り、建築設計事務所としての競争力をさらに高めていく考えだ。

3次元CADを利用し、内観の3Dパースを簡単に作成できるようになった

3次元CADを利用し、内観の3Dパースを簡単に作成できるようになった

リアルな自動車や樹木、人物、照明器具などのメーカー建材など、ハイグレードな3次元データやテクスチャを使い、よりリアルなプレゼンテーションを実現している

リアルな自動車や樹木、人物、照明器具などのメーカー建材など、ハイグレードな3次元データやテクスチャを使い、よりリアルなプレゼンテーションを実現している

有限会社戸田設計

業種 建築設計
事業内容 住宅などの建築設計、および確認申請の手続き代行(2005年6月取材)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

導入のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP