• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

日都産業株式会社 羽村工場

Autodesk Inventorを駆使して作成したコンペ用のイメージパース

Autodesk Inventorを駆使して作成したコンペ用のイメージパース

Autodesk Inventorで圧倒的な作業効率と設計品質を両立させ、高度なデザインや質の高いプレゼンで競合相手に打ち勝つ

日本は小さい公園も多く、その狭い敷地に遊具を配置するのは容易ではありません。また、意匠や機能の面でもその地域の歴史や特色に合ったオリジナルの製品を求められます。このように多様な要求に応えつつ事故を未然に防止するには、提案の段階から安全性や使い勝手を検証できる高機能のモデリングツールが必須です。だから当社では、デザイナーもAutodesk Inventor(以下、Inventor)を使います。同じツールを使ってエンジニアと緊密に連携し新しい遊びの提供と安全性の確保に努めています。

動画で分かるAutodesk Inventorの活用術

動画 概要

動画再生

日都産業株式会社 導入事例
遊具業界にあって創業70年を超える老舗としてトレンドを創造し、牽引しているのが日都産業株式会社。Autodesk Inventor導入後のメリットや活用法を動画でご紹介します。(3分15秒)

トレンドを創りだす老舗企業の原動力

街中の小さな公園からレジャーを楽しむ大型の公園、あるいはショッピングモールの子ども広場や小学校の校庭、保育園の園庭まで、家族や子どもが集まる場所に欠かせないのがさまざまな遊具だ。特に近年、少子化対策や住環境重視の流れの中、高度成長期に大量に作られた公園遊具が老朽化し新設やリニューアルが急ピッチで進められている。このような状況の遊具業界にあって創業70年を超える老舗としてトレンドを創造し、牽引しているのが日都産業株式会社である。

同社設計課の寺戸氏は語る。「公園遊具の専門メーカーとして、設計開発から設置後のメンテナンスまでトータルに任されてきた会社です。実際いまのブランコやすべり台などの多くは当社が作った原型が公団などに標準仕様として採用され広まったもの。その後、少子高齢化の流れを受けて公園に置く健康器具も開発し、これもグッドデザイン賞を受賞するなどして公園の定番設備となっています。」

このように70年余の歴史を通じ常に業界の第一人者として走り続けてきた日都産業だが、その歩みは決して平坦な道ばかりだったわけではない。特に約10年前の法改正で市場環境は大きく変化した。かつてはすべり台とブランコと砂場、鉄棒など公園に置く遊具はある程度定められていたが、この規制が撤廃され多彩な遊び要素を組み合せて多機能化した「複合遊具」が新たな主役として身近な公園にも置かれるようになったのだ。

こうした複合遊具の採用にあたってはコンペ形式で複数のメーカーに提案させた上で選定するやり方が広まったこともあり、海外製品の流入や異業種からの参入も増え、競争はさらに激化している。デザイン課の小林氏は語る。「ですから製品開発においても大前提の安全性や楽しさはもちろん、より高度なデザイン性やプレゼンにおける見せ方などが重要性を増しています。そこで威力を発揮するのが密接に連携したデザイナーとエンジニアを開発の両輪とする独自の協力体制とその基盤を支えるツールAutodesk Inventorです。」

小林氏の言葉通り、日都産業ではエンジニアはもちろんデザイナーも同じく緻密な設計を得意とするInventorを使っている。しかもコンペのプレゼンで使用するイメージパースや概念図・配置図などの多様なプレゼン資料までデザイナーがInventorを駆使して制作しているのだ。そして、この独自の体制によって圧倒的な作業効率と設計品質を両立させて、高いコンペ勝率を維持し続けているのである。

技術部 デザイン課 課長 小林原生氏

技術部 デザイン課 課長
小林原生氏

技術部 設計課 係長 寺戸健太氏

技術部 設計課 係長
寺戸健太氏

技術部 設計課 主任 藤本晋矢氏

技術部 設計課 主任
藤本晋矢氏

技術部 デザイン課 内田さゆり氏

技術部 デザイン課
内田さゆり氏

デザイナーを支援するツールとしてInventorは強力な武器に

「コンペ発注からプレゼンまで短いと1週間弱ということもあり、また営業からの要望で複数案作ることも多いですね。制作はまず技術部内で打合せてコンセプトを練り、デザイナーがInventorでモデリング。後はアングルを選んでInventor Studioでパースを作り画像加工ソフトで仕上げれば完成です」(小林氏)。

Inventorを活用する以前はパースも手描きだったため3~4日かけても一方向しか描けず、裏側も見せたい時はさらに倍の手間と時間が必要だった。現在はあらゆる方向から描写した提案書を作れるし、簡単なものなら1日で仕上がる。余った時間をブラッシュアップや複数案の制作、見せ方の工夫などに割くことでプレゼン品質は大きく向上したのである。さらにコンペに勝利し受注を獲得すれば、その後の詳細設計段階でもモデルは繰り返し活用される。エンジニアは概念設計で作成されたモデルを生産に適した形に改良し、また発見した問題点を解消した後、デザイナーと共有するライブラリにフィードバックする。結果、発注元からの多様な依頼にすばやく対応でき、品質の高い設計がスピーディに仕上がるのである。だが、デザイナーが使うツ-ルとして考えた場合、Inventorはどうなのだろうか。

デザイナーの内田氏は語る。「学生時代は別の3DCGを使っていましたが、初めてInventorに触れた時は想像以上に簡単で驚きました。一方でCGソフトに比べデフォルメなどが難しいとも感じましたが、実際のスケールで使い方や安全性を検証しながらモデリングするおかげで自分が描いた通りのものがそのまま製品としてできあがる。裏返せば凄くまじめなソフトってことなんです。」そんな内田氏の言葉に藤本氏も大きくうなずく。「他社に比べ当社が作るのは正確なモデルですから、リアリティではどこにも負けません。見た通りのものがそのままできあがる。だから信頼していただけるのです。」

身体モジュールや内部機構を確認しながら魅力的な形状を作り上げる

身体モジュールや内部機構を確認しながら魅力的な形状を作り上げる

ゆるキャラ(としまななまる)をモチーフにしたロッキング遊具の完成品

ゆるキャラ(としまななまる)をモチーフにしたロッキング遊具の完成品

3D設計のメリットを多角的に生かしていく

このように、Inventorによる3Dモデルをデザイナーとエンジニア共通のプラットフォームとする日都産業の開発手法は厳しい競争の時代を迎えた公園遊具市場にあって同社の競争力を大きく高めた。中でも最大の成果の一つが複合遊具システム「げんきコンビ」シリーズである。前述の通り複合遊具はニーズに沿って多彩な遊具を組み合せて作る。そこで、あらかじめInventorで汎用ユニットのモデルを作りカタログに掲載。発注者はそこから選んで組み合せていくことで簡単に思い通りのプランを作れるのである。もし、それだけの種類の遊具を写真に撮ってカタログ化すればコストも手間も膨大になるが、同社ならこれまでInventorでモデリングし蓄積したデータをそのまま生かせるのだ。

「お客様はカタログを見て選べるのでイメージが湧きやすく、選択肢が豊富で満足度も高くなります。さらにパーツには全て材料や工数などの属性を与えているため、瞬時に価格が分かり、受注が入れば即座に図面化・材料請求ができ設計工程は大きく短縮されるのです」(藤本氏)。

日都産業では、構成管理や製作図、組立・保守資料に至るまでInventorを活用しており、3Dの設計環境の導入がさまざまなメリットを生みだしたのである。

汎用ユニットの組み合わせでさまざまなニーズに応える

汎用ユニットの組み合わせでさまざまなニーズに応える

社内のニーズに合わせた拡張機能を自社で開発

同社がここまで3Dの活用範囲を広げられた理由の一つとして、InventorのAPIを利用した独自のカスタマイズが挙げられる。これを中心となって推進してきた寺戸氏は語る。「最初に作成したのは選択中の面を集計し塗装面積を求める簡単なマクロでしたが、Inventorに内蔵されているVBAエディターを使い、ヘルプのサンプルコードを流用してわずか1時間ほどでできてしまいました。この成功体験が発端となって、社内のニーズに合わせたさまざまな機能の拡張を少しずつですが継続的に進めてきました。」

その言葉通り、同社が開発してきた拡張機能は非常に多岐にわたる。モデリングの補助や図面環境の強化を始め、生産管理システムと連携する構成情報の編集ツールや独自のBOM展開アプリケーションなど。そして現在はフィーチャーや溶接レポートを利用した「製造工数の自動計算」までも実現しようとしている。

「今後の課題は開発を行える後継者の育成ですが、Inventorにはさまざまな学習ツールが備わっているのでこれを役立てていきたいと思っています」(寺戸氏)。

製造工程にも対応したBOM展開アプリケーション

製造工程にも対応したBOM展開アプリケーション

3Dモデルの属性を利用した製造工数の計算機能

3Dモデルの属性を利用した製造工数の計算機能

新機能への期待と今後の展望

さらに、この複合遊具と共に注力しているのが「ゆるキャラ」をフィーチャーした遊具などに代表される、より複雑な曲面形状を備えた製品の開発である。この製品設計においてカギとなるのがInventorの新機能である「フリーフォーム」の活用だ。

「ゆるキャラもそれ以外でも、今後は積極的にフリーフォームを使いたいと考えています。従来Inventorが苦手だった有機的なデザインもフリーフォームでより簡単に多くのバリエーションを提案できます。一つの製品を作る上で裾野を広げてデザインすることもとても重要ですから。とにかくInventorをうまく使い、効率よく質の高い提案を進めていきたいですね」(小林氏)。

同社は2002年よりInventorを導入し、今もなおInventorと共に進化し続けている。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

導入のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP