• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

株式会社竹村コーポレーション

株式会社竹村コーポレーション

リノベーションされた社屋そのものが、同社のショールームとして機能。壁面緑化システムも新事業の一部だ

総合設備会社が設計ツールをリプレース。設計業務の大幅な効率化を実現し、プレゼンテーションにも威力を発揮

東京都新宿区に本社を構える株式会社竹村コーポレーションは、創業100年以上の総合設備会社だ。従来のサブコンとしての役割に加え、近年は建物の設計施工、保守管理、内装工事、さらにはビル等の大規模なリノベーションや省エネ、エコ関連などの事業にも取り組み、経営の多角化を進めている。そんな流れを背景に、設計業務の効率化や低コスト化、またBIMへの対応を図るべく、建設設備用CADをリプレース。旧来のシステムよりも合理的な運用ができるようになり、同社の事業展開を力強く後押ししている。

導入の狙い
  • CADの運用コストを低減させたい
  • 建築業界が要請するBIMへの対応が必要
  • パース作成作業等の省力化を実現したい
導入システム
  • 建設設備CAD『Rebro2013』
  • 複合機・プリンター『リコー製複合機』
導入効果
  • 従来のシステムに比べて運用コストが低減した
  • 操作のしやすさと機能性の高さで業務効率と設計品質がアップした
  • 優れたビジュアライゼーション機能で施主へのプレゼンテーションの質が高まった

株式会社竹村コーポレーションについて

業種 建設業
事業内容 建築物全般の設備工事(空調・給排水・電気・防災)、リノベーション工事(設備・建築・内装)の設計、施工、コンサルティング
従業員数 80名(2014年11月現在)
サイト http://www.takemura-ss.co.jp/

新事業の展開にも積極的な創業100年以上の総合設備会社

東京都新宿区に本社を置く株式会社竹村コーポレーションは、1906年に「竹村組」として創業された歴史ある企業だ。ゼネコンに協力する土木工事からスタートし、給排水や衛生関連の設備事業に業務を移行。公共施設、オフィスビル、マンション、住宅などに、空調・給排水・衛生・電気・防災等の設備を設計・施工する総合設備会社に発展した。
長くサブコンとして官庁の設備工事案件を中心に請け負ってきたが、2010年に今福 浩之氏が30代の若さで代表取締役社長に就任するとともに、経営方針を転換。旧来のようにサブコンとして設備工事を受注する一方で、ビルオーナーやビル管理会社に自らアプローチし、建物の設計施工や保守管理、内装工事までさまざまなサービスを提案するようになった。それと同時に、古い建物を大幅に改修して新たな用途や機能を付加するリノベーション分野も、新たな事業の柱として力強く推進。同社が専門とする設備工事は、高まる省エネや環境保全ニーズにも貢献できる分野であるだけに、今後の大きな成長が見込まれている。

リノベーション事業に注力しようとする同社の意思を物語るのが、2010年になされた本社社屋のフルリノベーションだ。昭和30年代に建てられたビルを改修し、エントランスからオフィス、ミーティングスペースや応接室に至るまで、クラシカルモダンな意匠に一新された。
「当社を訪れた多くの方が、『設備会社のビルとは思えない』と驚かれます。デザイン性に富むだけではなく、オフィスとしての機能性にも十分に配慮しており、この社屋自体が当社のリノベーション事業のショールームとしての役割を果たしています」と説明するのは、社長室顧問 兼 コンサルチームリーダーの横田 宗卓氏。

社屋のエントランスを彩る鮮やかな壁面緑化も、現在の事業の方向性を象徴している。ガーデニングのプロデュースを手がける企業との協力で開発されたこの『GREEN CANVAS』は、従来のパネル型とは異なり、フェルト型の仕組みを生かした高密度な壁面緑化システムとして特許を取得。フルオーダーメイドで自由自在にデザインでき、室内外を問わずに設置できることで注目されている。
また、同社大阪支店は機械メーカーとの協力で、地熱などを利用した省エネシステムも開発した。創業時より、常に革新的な技術を採り入れながら設備工事事業で日本の都市インフラを整えてきた同社は、「リノベーション」と「エコ」をキーワードに、旺盛なチャレンジ精神を発揮しながら新事業の展開に取り組んでいる。

社長室顧問 兼 コンサルチームリーダー
横田 宗卓氏
「3社の製品を検討した結果、操作性、機能性、コストのいずれの面でも優れていた『Rebro 2013』を選びました。業務が効率化しただけではなく、施主様へのプレゼンテーションのしやすさにも満足しています。今後はFMにおける活用も積極的に進めていくつもりです」

社長室顧問 兼 コンサルチームリーダー
横田 宗卓氏
「3社の製品を検討した結果、操作性、機能性、コストのいずれの面でも優れていた『Rebro 2013』を選びました。業務が効率化しただけではなく、施主様へのプレゼンテーションのしやすさにも満足しています。今後はFMにおける活用も積極的に進めていくつもりです」

工事本部 営業部 設計積算チーム
主任 鈴木 孝春氏
「操作がシンプルで高機能な『Rebro2013』の導入で、以前と比べて設計業務の負担が大幅に軽減しました。操作に関する疑問などに、電話で直ちに対応してくれるサービス体制にも満足しています。ベンダーには、これからも一歩先を行く機能を付加しながらバージョンアップしていただけることを望みます」

工事本部 営業部 設計積算チーム
主任 鈴木 孝春氏
「操作がシンプルで高機能な『Rebro2013』の導入で、以前と比べて設計業務の負担が大幅に軽減しました。操作に関する疑問などに、電話で直ちに対応してくれるサービス体制にも満足しています。ベンダーには、これからも一歩先を行く機能を付加しながらバージョンアップしていただけることを望みます」

操作性とコストパフォーマンスを追求し設計ツールの刷新を検討

同社は、以前はあるCADシステムを設計業務に用いてきたが、以前より多くの不都合を感じていた。そのCADシステムは、2次元CADを仮想的に3次元化するいわゆる2.5次元CADであったため、図面をさまざまな角度から捉えてパース作成等をする機能が十分ではなかったのだ。それに加え、そのシステムには原則として中途解約ができない5年契約のレンタル利用制であるため運用に縛りがあり、その利用料もかなり高額なものだった。

「折しもゼネコンがBIM(Building Information Modeling)の活用に力を入れている時期で、当社も本格的な3次元設計に取り組む必要性を感じていました。そこで、疑問を感じながら使っていたCADシステムの契約更新を迎えるタイミングで、別の建設設備用CADへの変更を検討。システム選定に際してはAutoCADベースのソフトも有力候補でしたが、サブコンとしての設計業務には、NYKシステムズの建設設備CAD『Rebro2013』の方が適しているのではないかと判断しました。検討段階で実際に操作をさせてもらったところ、私のように普段あまりシステムを使わない者にも扱いやすく感じられましたし、コストパフォーマンスの面でも優れていると思いました」(横田氏)

こうして同社は2012年に、複合機やIT関連機器などの利用で古くから取引のあった大塚商会を通じて『Rebro2013』を導入した。新しいシステムの運用にあたっては、「まずは1人のエキスパートを養成してから社内に普及させる」との方針のもと、CAD操作に習熟していた工事本部 営業部 設計積算チーム 主任の鈴木 孝春氏がその任に就いた。

「ベンダーで開催されたセミナーに参加してからは、実務を通して操作を覚えていきました。コマンドがシンプルでクリック数が格段に少ない『Rebro2013』はとても使いやすく、以前のCADソフトからの移行は全く苦になりませんでした。CADをそれなりに操作できる人なら、すぐに問題なく使えるようになると思います。1カ月ほどでスムーズに図面を作成できるようになり、3、4カ月で細かい機能を使いこなすレベルまで到達しました」と鈴木氏は振り返る。

デザイン会社のような趣を漂わせる本社のオフィス。機能性とデザイン性を兼ね備えた135Rの特注デスクがオフィスに独特の雰囲気を添える

デザイン会社のような趣を漂わせる本社のオフィス。機能性とデザイン性を兼ね備えた135Rの特注デスクがオフィスに独特の雰囲気を添える

豊富な機能性と使い勝手のよさで設計業務を大幅に効率化

同社の設計では3次元モデルのデータがゼネコンから提供されるケースは少なく、多くの案件で基本的な建築データを鈴木氏ら設計スタッフが描き起こしている。特にイノベーション関連の案件では、既存の紙図面を3次元データにするしかない。『Rebro2013』には各部の寸法を正確に入力しなければならず、その点においては作業量が増えたものの、それさえしっかり行えば、後の作業は以前のシステムと比べて格段に楽になったと鈴木氏は語る。

「特にありがたいのは、構造物の干渉チェック機能です。設計段階で干渉している部分が自動的に一覧表示されるので、『ここが干渉するので天井高を少し下げてください』というように建築士に相談し、事前に対処をすることができます。こうして設計手戻りを防止することは、コスト低減にもつながるでしょう。また、工事費積算のための拾い作業については、以前のシステムでも可能でしたが、条件入力が煩雑なのでその機能を使っていませんでした。それに対して『Rebro2013』は、ごく簡単な操作で拾い作業ができることも魅力です」(鈴木氏)

一方、横田氏が挙げる『Rebro2013』のメリットは、施主へのプレゼンテーションがしやすくなったことだ。「『Rebro2013』では、建築物の内部の様子を明快にビジュアライズすることができ、例えば工場内の倉庫などの案件では、建物の内部の様子や人の流れなどを一目で把握できるようにするだけで、施主様に『分かりやすい』と満足していただけます。当社の手がけるリノベーション案件は単なるリニューアルではなく、いかに新たな付加価値が盛り込まれているかがポイントなので、設計段階でそれを施主様に示せる設計ツールとしても高く評価しています」(横田氏)
鈴木氏による指導を通じ、現在は同社の設計者の大半が『Rebro2013 』を活用しているが、以前のCADを長年使い慣れた人のなかには抵抗感を抱くケースもあり、今後全スタッフに新しいシステムの操作を習熟させることが課題だという。

これについて横田氏は、「設計業務にも、新しい技術を積極的に採り入れようとするトライ&エラーの姿勢が求められます。何かを革新しようとすると必ず問題が起きますが、技術レベルはそれをクリアすることで向上するものです。現状の技術をキープしようとする保守的なエンジニアには、進歩がもたらされることはありません」と語る。

横田氏が主張するこの考え方は、創業時から技術革新に対して前向きだった同社の企業精神そのものでもあるようだ。

同社が『Rebro2013』で作成した3次元モデル。施工前に設備などの配置イメージを分かりやすく理解してもらうために使用した

同社が『Rebro2013』で作成した3次元モデル。施工前に設備などの配置イメージを分かりやすく理解してもらうために使用した

FMに取り組むことで事業がさらに拡大する

『Rebro2013』による空調や給排水設備の設計のしやすさに満足している横田氏と鈴木氏だが、電気設備の設計に関しては改善要望があるという。それは、複数の電気配線が1本の線として表現されてしまうことだ。図面では1本に見えても、実際には大量の本数の配線を天井裏などに通さなければならないため、施工現場で不都合が生じる可能性があるのだ。配線図に電線の本数を示すことはできるが、それでは入力作業に大変な時間がかかる。配線を合理的な仮想モデルとして表現する工夫をしてほしいと、両氏は貴重な提言をする。

同社はFM(Facility Management)の観点での設備CADデータ活用の必要性を感じており、今後積極的に取り組んでいく意向だという。

「抵抗計算なども含め、描かれた図面データは全て『Rebro2013』に保存されるので、それをExcelデータに変換して現場のメンテナンス管理台帳とリンクさせるようにしなければ、せっかく新システムを導入した意味がありません。世の中もそうした管理のあり方を望む流れにあるので、これからはFMをしっかり行わなければならない時代になるでしょう。FMによって当社のメンテナンスの案件も増えるはずですし、故障が起きてから修理するだけはなく、故障の未然防止という視点からの営業もできるようになります」と語る横田氏は、そのことがひいては省エネにもつながると言う。

「真に効果的な省エネは現場管理にあり、いかに設備が適切に運用されているかがポイントです。現場の設備運用データを分析すればより効果的な省エネのための管理ができるようになるでしょう。また、設計者はリスクを避けるためにオーバースペックで設計するのが常なので、設備の更新時に運用データと照らし、元の設計よりも省スペックのものに置き換えることでも省エネを進められます。そのようなかたちで、現場の運用データを次の設計にフィードバックして改善していくことも重要になると思います」(横田氏)

ほかにも、物件単位のドキュメント管理体制の強化や、タブレット端末のモバイル活用など、同社は業務全般のさらなるIT化を見据えている。「ドキュメント管理のベースは構築したものの、将来的にはこれをクラウド化し、会社からも現場からもデータにアクセスできる環境を整えなければなりません。また、現場で設計図面を拡大して確認できるiPadの導入も急務だと考えています」(横田氏)

同社は今後の業務効率化に向け、大塚商会によるソリューションの提案に大きな期待を寄せている。

CAD設計を行う『Rebro2013』は、使用する場所やPCを選ばない

CAD設計を行う『Rebro2013』は、使用する場所やPCを選ばない

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

導入のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP