e-flowDX 地下鉄トンネル内すれ違いシミュレーション

列車が走行するトンネル内の解析空間を設定し、すれ違い走行をする4両編成の2本車両が、毎秒20m(毎時72km)で走行すると仮定しました。車両はCADデータをベースに作成しました。車両がすれ違う直前に圧力はピークに達し、すれ違うと同時に正圧から負圧へ急激に変化する 様子が分かります。また、風速分布においても車体すれ違い後に生じる気流の乱れが車両後方(空間中央付近)にご確認になれます。

  • e-flowDX
  • 建設業

[動画再生時間:25秒]

この動画についてさらに詳しく知りたい!

e-flowDX 解析機能 地下鉄走行時のシミュレーション編トピックス
地下鉄構内の狭い空間内を列車が走行する際、大きな列車風が起こります。また、列車がすれ違う際には風速や圧力の変動も起こります。今回は車両が走行する場合とすれ違う前後でトンネル構造や相手方の車両に及ぼす風速と圧力についてe-flowDX移動境界版を用いてシミュレーションを行いました。
e-flowDX製品情報
優れたマシン・インターフェイスと多彩な機能を持つ構造格子系3次元熱流体解析プログラム、e-flowDX。

お問い合わせはお気軽に

この動画に関するご質問はお気軽に ご意見・リクエストもぜひお聞かせください

お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

お勧めの動画

以前に見た動画ページ

PAGE TOP