e-flowDX タイヤ回転を伴う自動車走行時周辺気流シミュレーション

車体は時速36キロメートルで直進するとし、タイヤは車体の進行に追随して回転すると仮定。回転数は27.28RPMと設定しました。測定の難しいホイールハウス内の気流分布や圧力分布をe-flowDXによるシミュレーションで再現し、可視化してみました。

  • e-flowDX
  • 建設業

[動画再生時間:1分23秒]

この動画についてさらに詳しく知りたい!

e-flowDX 解析機能 自動車走行時周辺気流シミュレーション編トピックス
自動車が走行する時、車体の移動に伴ってのタイヤの回転は車全体の空力特性やグランドエフェクトに少なからず影響を及ぼします。e-flowDXを使用したシミュレーションであれば測定の難しいホイールハウス内の気流分布や圧力分布の可視化も可能です。
e-flowDX製品情報
優れたマシン・インターフェイスと多彩な機能を持つ構造格子系3次元熱流体解析プログラム、e-flowDX。

お問い合わせはお気軽に

この動画に関するご質問はお気軽に ご意見・リクエストもぜひお聞かせください

お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

お勧めの動画

以前に見た動画ページ

PAGE TOP