CALにおける曲げ工程検証

曲げ加工の検証および干渉回避方法をご覧になれます。

  • CAL
  • 製造業

[動画再生時間:3分36秒]

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!

SolidWorks拡張機能「CAL」で板金加工検証がここまでできるトピックス
板金製品の製造工程では、干渉や曲げ加工の配慮が必要になります。そのため、精密な形状や特有の加工を再現する設計システムと製造工程での合否を検証する機能が求められます。SolidWorksの拡張機能「板金加工検討機能 CAL」を活用してみてはいかがでしょうか?

お問い合わせはお気軽に

この動画に関するご質問はお気軽に ご意見・リクエストもぜひお聞かせください

お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

お勧めの動画

以前に見た動画ページ

PAGE TOP