1分で分かる 「SOLIDWORKSのデータ互換」

SOLIDWORKSは各種中間フォーマットや、ネイティブデータのインポート・エクスポートに対応。診断機能を使用すれば、インポートデータの不正な面や自己交差、ギャップなどのエラーを検出し、自動修復や豊富なサーフェス機能により手動でも修正可能です。

  • SOLIDWORKS
  • 製造業

[動画再生時間:1分6秒]

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!

SOLIDWORKSのデータ互換機能をご存じですか?トピックス
設計現場では、異機種CADのネイティブデータや中間フォーマットデータの受け渡しが発生するため、さまざまなデータ形式を取り扱います。SOLIDWORKSは豊富なデータ形式に対応するだけでなく、取り込んだデータの問題を検証する機能や品質チェック機能などを搭載しています。
SOLIDWORKS製品
業界屈指の操作性と豊富な3次元設計機能を備え、データ互換性・拡張性に優れた3DCAD、SOLIDWORKS。

お問い合わせはお気軽に

この動画に関するご質問はお気軽に ご意見・リクエストもぜひお聞かせください

お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

お勧めの動画

以前に見た動画ページ

PAGE TOP