Autodesk InfraWorks 360を使った高速道路と地下化空間の3D可視化

高速道路地下部(シールド工法)を3D可視化すると、既設杭や埋設管等地下空間との干渉チェックを行えます。Autodesk InfraWorks 360を使った海外の事例を動画でご確認ください。

  • Autodesk InfraWorks 360
  • 建設業

[動画再生時間:1分2秒]

この動画についてさらに詳しく知りたい!

【セミナーレポート】CIM、i-Constructionに役立つ!Autodesk InfraWorks 360の活用方法トピックス
大塚商会は2016年6月21日、セミナー「CIM、i-Construction初級講座 Autodesk Infrastructure Design Suiteをおすすめするポイント~InfraWorks 360編~」を行いました。Autodesk InfraWorks 360で作成した3次元データや活用シーンなど、動画を交えてご紹介!

お問い合わせはお気軽に

この動画に関するご質問はお気軽に ご意見・リクエストもぜひお聞かせください

お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

お勧めの動画

以前に見た動画ページ

PAGE TOP