オートデスクソリューション(橋梁モデルデータの取り込み~4Dシミュレーションまで)

Autodesk Revitで作成した橋梁モデルデータをAutodesk Navisworksに取り込み、別途用意した現況モデル上に配置。時間軸を与えて4Dシミュレーションを行うまでの一連の流れを動画でご覧いただけます。

  • Autodesk Navisworks
  • 建設業

[動画再生時間:1分36秒]

この動画についてさらに詳しく知りたい!

【セミナーレポート】CIM、i-Constructionに役立つ! 構造物でも実践が進むオートデスクソリューショントピックス
国土交通省では、2016年度には土工に加えてトンネル・橋梁・ダムなどの構造物にもICTの活用が拡大され、検証が進められています。そこで、構造物の設計・施工にまつわる、オートデスクソリューション活用事例をご紹介します。
Autodesk Navisworks製品情報
建築・建設分野の専門家向けのプロジェクトレビューソフトウェア、Autodesk Navisworks。Autodesk Navisworksはさまざまなデータを一つの3Dプロジェクトデータとして共有やレビューを支援します。

お問い合わせはお気軽に

この動画に関するご質問はお気軽に ご意見・リクエストもぜひお聞かせください

お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

お勧めの動画

以前に見た動画ページ

PAGE TOP