• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Okino Computer Graphics社が、JTフォーマットに対応したデータ変換ツールのアップデートバージョンを発表

2011年4月28日

Okino Computer Graphics社、TORONTO、カナダ、2011年4月26日

3次元データの変換、ビューイング、レンダリングなどの機能を備えたソリューション群を提供しているOkino Computer Graphics社が、JT PLM/MCADデータ変換ツールの最新版「JT v5.6.1 CAD Importer」を発表した。本ツールは、Siemens AG.が提供するオフィシャルなJT Openツールキットを利用して開発し、ジオメトリ、階層構造、材料、テクスチャーマッピングなどのデータを取り扱うことができる。本バージョンでは、JTフォーマットと3ds Max(R) /Maya(R)/Softimage(R)/AutoCAD(R)、Lightwave(R)、CINEMA-4D(R)、U3D、SketchUp & Dozensなどとの双方向のデータ変換が可能。また、PMIもサポートしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP