• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ODAがソフトウェア開発プラットフォームの最新版「Teigha(R) Version 3.5」を発表

2011年7月1日

Open Design Alliance、Phoenix、アリゾナ、2011年6月29日

CADフォーマットの標準化およびCADデータ変換ツールのオープン化を進めている非営利団体Open Design Alliance (ODA)が、ソフトウェア開発プラットフォームの最新版「Teigha(R) Version 3.5」を発表した。TeighaTMは、CADなどを含めた技術グラフィックスアプリケーションを開発するときに利用されるソフトウェア開発プラットフォーム。本バージョンでは、オープンソースでマルチプラットフォームに対応したFreeImage を利用してラスターイメージのサポートを強化している。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP