• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

大手ドイツ自動車メーカーがDassault Systemes V6 PLMソリューションを導入

2011年2月14日

3次元設計・解析と製品ライフサイクル管理ソリューション(PLM)の世界的リーダーであるDassault Systemes社は、BMW社が今後の電気・電子および組込ソフトウェアの開発にV6 PLMソリューションを選定したことを発表した。

BMWは、PLMのバックボーンとしての柔軟性、導入のし易さ、システムエンジニアリングにおける専門機能などの観点から、たくさんのエンジニアに対して、Dassault Systemes社のV6ソリューションを選定した。

BMWは、自動車プロジェクトの設計や統合などのアーキテクチャーにより、革新的なプロセスの中心にBMWの顧客価値を据え、さまざまな構成要素や電気・電子および組込ソフトウェアのプロセスを連携するシームレスなコラボレーションプロセスを構築するであろう。BMWは、Dassault Systemes社のV6を活用することによって、知的財産を一つにまとめ、参照できる環境を構築し、システムの論理アーキテクチャーを定義したり、ハードウェアやソフトウェアの形式の物理的表現を公開するだけでなく、車に実装可能な機能と顧客要求を連携させることができるだろう。

BMWは、派生する全ての車種にマスター・アーキテクチャーを提供して将来複雑化するシステムを管理し、自動車の機能の絶え間ない進歩に対応するためにV6ソリューションを導入するだろう。開発プロセスにおいて機能を再利用することやソフトウェアとハードウェアを分離することは、電気・電子および組込ソフトウェアにおける大幅なコスト削減を支援するだろう。

V6 PLMシステムの設計ソリューションは、V6プラットフォームのオープン性を証明するものとして、BMWの企業環境に統合されるであろう。導入が順調に終了したことは(すでに現状では運用が開始されている)、BMWとDassault Systemesが電気・電子および組込ソフトウェアにおける最高のインフラやアプリケーションを構築するために合意した10年のパートナーシップにおける最初のステップである。

「今までのプロセスやツールでは、これからの車は造れません。V6プラットフォームは、複雑化する組込システムをデジタルに作成したり、シミュレーションするための戦略的なソリューションです。BMWがわれわれのビジョンに賛同し、8か月でV6ソリューションが導入できたことをうれしく思います。」と、Dassault Systemes社でR&D上級副社長を務めるDominique Florack氏がコメントしている。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP