• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

IDC Manufacturing InsightsがPLMソフトウェアアプリケーションマーケットの最新レポートを発表

2011年3月22日

IDC Manufacturing InsightsがPLMソフトウェアアプリケーションマーケットにおける主要ベンダーのプロファイリングやランキングをまとめたMarketScapeレポートをリリースした。IDC MarketScapeのベンダー分析レポートでは、ベンダーごとに現在のマーケットにおける能力と将来の競合力における戦略をもとに最終的に評価する厳格な採点手法で行っている。

IDC MarketScapeのレポートでは、2011年の製品ライフサイクル管理アプリケーションベンダー評価として、PLMベンダーを「CAx PLM」、「ディスクリートPLM」、「プロセスPLM」の3つのマーケット領域で評価している。

  • CAx PLM:プロセスシミュレーションを含むコンピューター支援ソフトウェアCAx(CAD/CAM/CAE)ベンダー
  • ディスクリートPLM:航空、自動車、ハイテク、医療機器、重工、造船など、ディスクリート製造を支援するPLM/PDMベンダー
  • プロセスPLM:化学、薬品、石油ガス、食品、飲料、塗料など、プロセス製造を支援するPLM/PDMベンダー

この3つのPLMマーケットは、サプライヤーが将来戦略の策定や既存機能を最大限に活用する場合に、考慮しなければならないさまざまな特徴を示している。これはマーケットにおいて、機会創出を多くすることや成功することよりもとても大事であることから、その要因は重要とされる。

IDC MarketScapeの「CAx PLM」におけるマーケットリーダー部門では、Autodesk社、Dassault-Systemes社、PTC社、Siemens PLMを選出している。CAx PLMは、成長が少ない成熟した領域として把握されているが、その関連性と拡張性は企業やデスクトップソフトウェアベンダーおよび企業ソフトウェアベンダーに無視されてきた。

「プロセスPLM」では、マーケットリーダーとしてOracle社を選出している。短期間の製造サイクルを短縮する要求が原因となるプロセス業界における高い競合性は、プロセスPLMユーザーが迅速にプロセス効率を高めるためのソフトウェアアプリケーションを模索することによるものである。

最終的に、最も主要で、競争が激化する「ディスクリートPLM」では、マーケットリーダー部門で、Siemens PLMとDassault Systemes社が選出された。ERPベンダーが進出し易いことによる激しい競争や新しいソフトウェアテクノロジーやプラットフォームの遅い選択などは、ベンダーがこの領域で戦略を変更することを遅くしている。

「業界を超えたPLMの関連性の増加、業界を超えた専門技術が要求される製品の複雑さ、拡大するためのエンドユーザの要求の増加が、PLMベンダーの障壁を高めています。」と、IDC Manufacturing Insightsでプロジェクト&ポートフォリオを担当する研究マネージャーのSanjeev Pal氏が述べている。「本レポートは、短期、長期において顧客の要求やマーケットでの成功に対して最も貢献するために、それらの要因に関連するベンダーを評価するための広範なフレームワークを基盤としています。」

MarketScapeベンダー分析レポートは、特定のマーケットで成功に最も役に立つ要因を特定したり、それらの要因に対してこのマーケットに参画するベンダーを評価したりしたもので、ベンダーごとに現在のマーケットにおける能力と、将来の競合力における戦略をもとに最終的に評価する厳格な採点手法により行っている。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP