• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Granta Design社がInventor Eco Materials Adviserの詳細を発表

2011年6月27日

Granta Design社がAutodesk Inventor 2012ソフトウェアで利用可能な地球に優しい設計ツール「Eco Materials Adviser」のフルバージョンの詳細を発表した。本製品は、地球に優しい設計を行うために製品が環境に与える影響を評価することができる。フルバージョンでは、大規模アセンブリの分析、より深い材料選定の検証、環境に与える影響の度合いを広範に行うことができる。出荷は年末を予定している。

Eco Materials Adviserは、Autodesk Inventor環境で製品の部品やアセンブリの環境に配慮した分析を行うことができる。また、ダッシュボードで、エネルギー使用量、制限物質、CO2排出量、水の使用量、材料費などを表示することができる。さらに、材料選択やデジタルプロトタイプによる環境に与える影響を調査することも可能である。

フルバージョンはより深い分析が可能

  • アセンブリサイズ - フルバージョンではどのようなサイズのアセンブリでも検証が可能。
  • より詳細な材料選択 - ベースバージョンは、材料リストから選択することができ、使用する材料の種類を効果的に導きだしたり、エンジニアリングやコストデータを参照したりすることができる。フルバージョンでは、3,000種類の材料から選択できるようになり、より詳細な材料選択が可能となる。
  • 広範な領域 - フルバージョンでは、原材料、製造、輸送、利用、廃棄など、製品のライフサイクルでの環境に与える影響の占有率を計上することができ、塗装、メッキ、粉体塗装などの最終工程の検証も追加されている。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP