• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CCE社の「EnSuite」がマルチCADのアセンブリの干渉チェックを実現

2011年8月22日

エンジニアリングソフトウェアの開発やサービスを提供しているCCE社が、「EnSuite」の最新版をリリースした。製品設計においてはモジュール化が進み、企業でもそれらのモジュールを設計するためのサプライヤーを多く抱えていることから、製造する前に個々のモジュールを一つとして取扱い、アセンブリ全体をチェックすることが不可欠となる。「EnSuite」は、複数のCADシステムのデータを読み込むことができ、ひとつのアセンブリとして構築することができる。最新版の「EnSuite」では、異機種のCADシステムの部品や組部品において、干渉せずにアセンブリするためのチェックを行うことができる。

「EnSuiteは、エンジニアリングやマニュファクチャリングおよびサプライチェーン管理などの部門に向けたコラボレーションツールを提供し、低コストで、高品質な製品を迅速に生産するための支援をします。EnSuiteが少ないトレーニングで生産性を高め、関連企業全体で利用されることが我々のビジョンです。最新版のリリースは、我々のビジョンを現実のものとする、さらなる一歩です。」とCCE社で営業・マーケティング担当副社長を務めるVinay Wagleが述べている。

「EnSuite」は、どのCADシステムで作成したかに関わらず、CADデータの重要な情報に迅速にアスクセスをすることが可能。また、日々の業務においてCADデータにアクセスする必要があるCADシステムを利用しないユーザーでも非常に利用しやすい。「EnSuite」は、CATIA V4、CATIA V5、NX、Pro/E、SolidWorks、Parasolid、JT、CGR、STL、Solid Edge、3D PDF、IGES、STEPなどの主要なCADフォーマットをサポートしている。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP