• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Gibbs and Associates社が、1,000番目のポストプロセッサーを開発

2011年9月5日

Gibbs and Associates社が、7月末で複合加工機に対応するポストプロセッサーの開発が1,000件に達したことを発表した。1,000のポストプロセッサーは、約60社の複合加工機の仕様にそれぞれ対応するように独自に開発されている。この1,000件の達成は、重要な2つの意味を持つ。一つ目は、複合加工機の利用が、生産性を重視することで需要が急速に増加し、ほとんどの複合加工機では、プログラミングのCAMシステムが要求されること。そして、二つ目は、複雑さを克服したり、複合加工機を迅速にプログラムするCAMシステムを見つけた後に、ユーザーが抱える大きな課題は、部品の加工を最小限に抑えるために、加工機の効率を最適化したり、加工機特有の制御をうまく利用したり、現場のプロセスを調整するためのポストプロセッサーを入手することである。

「われわれは、業界において複合加工機に合った優れたポストプロセッサーを開発していることを誇りに思います。われわれは、複合加工機のマーケットに対して戦略的にフォーカスして以来、たった5年で大手の製造企業との関係を深めたりするなど、複合加工機のプログラミングの最前線で仕事をしています。また、複合加工機のプログラミングにおいて、操作性に優れ、最高のソリューションを提供していることを評価してもらいました。」と、Gibbs and Associates社でセールス&ストラテジックプランニングのSVPを務めるRobb Weinstein 氏が述べている。

ほとんどのCAMソフトウェアベンダーは、汎用ツールのポストプロセッサーを提供しているが、繰り返されるテストやトラブルシューティングおよび修正などによる、コンフィグレーションや導入は、リセラーやユーザーに委ねられている。Gibbs and Associates社では、ポストプロセッサーの開発、導入、維持における専門の部署を持っている。ユーザーや加工機メーカーをサポートする中で、その部署は、制御に合わせて旋盤やフライス盤および複合加工機などすべての機種に対応するために、現在10,000を超える種類のポストプロセッサーのライブラリを持っている。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP