• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ガートナーが、マスターデータ管理ソフトウェアの売上が2012年には21パーセント成長すると発表

2012年1月10日

業界最大規模のITアドバイザリ企業であるガートナーによると、ワールドワイドでのマスターデータ管理(MDM)ソフトウェアの売上は、2012年には19億ドルに達し、2011年と比較すると21パーセントの成長となり、2015年までに32億ドルに達すると予測している。

「これは、我々がこの市場の調査を始めた2008年以降、最高の成長です。」と、ガートナーのリサーチダイレクターを担当するColleen Graham氏は述べている。「異種混合のIT環境でコストと効率を最適化することへの圧力により、複数の組織にまたがってデータを管理し維持するためのより効率的な方法として、MDMの導入が求められています。さらに、厳しくなるガバナンスやリスクおよび規制により、これらの新たな取り組みを支援するMDMに対して、重点的に取り組むことを余儀なくされています。」

「MDMは、ソーシャルデータや『大きいデータ』およびクラウドのデータなどの課題に対処するために必要とされる重要な分野になりました。」と、Graham氏は述べている。

地域的な展望として、北アメリカとヨーロッパではMDMの需要を引き起こすだろう。そして、北アメリカは2013年に、ヨーロッパでは2015年に、各々10億ドルに達するような安定したペースで発展するであろう。2013年に、MDMソフトウェア収益はアジアパシフィックでより速い成長を見込める。そこで、収益は2012年から30パーセント増加して2億900万ドルに達するであろう。

MDM市場は「一般的な」提供物より専門的なソリューションを好み続けるので、半分以上の収益は小規模で最高品質のベンダーの製品によってもたらされる。しかし、全体的なMDM市場は、大手三社である、IBM社、オラクル社、SAP社がシェアの大半を占めている。

「この4年の間に、小規模なベンダーがマーケットシェアの拡大や製品の機能を向上するために合併するだけでなく、より大きなベンダーは専門化に力を入れ続けると我々は予想しています。」と、ガートナーの調査担当重役のChad Eschinger氏は述べている。

しかしながら、特にMDMイニシアチブで利用可能なさまざまなテクノロジはデータ統合やデータ品質のプロバイダーに門戸を開いている。より多くの中堅企業がこの4年間にMDMを採用するとともに、ベンダーに対して、より低価格で柔軟性のある製品を要求するであろう。その結果、たくさんの新しいMDMベンダーや本マーケットで提供される製品は、クラウド・コンピューティング/SaaSと同様にオープンソースのような領域に焦点があてられるであろう。

MDMソフトウェア市場で最も大きな領域は顧客データのMDMと製品データのMDM。そして、これらはこの4年間で各々2倍以上の規模になると予測される。顧客データのMDMは組織のクロスセルやクロスマーケットを援助すると同時に、顧客を保持して、一貫した高品質の顧客経験を提供する。顧客データのMDMの市場は、2012年に6億4400万ドルに達して、2015年に10億ドルを超えると予想される。また、製品関連のマスターデータ、メタデータあるいはその両方のデータの格納を支援する製品データのMDMの市場は、2012年に6億8800万ドルに達し、かつ2015年において11億ドルをしのぐと予測される。

「より効果的な意思決定と経営的意思決定の適時性と正確さの改善への要求の高まりが、MDMを企業にとって最高のものにします。」とGraham氏が述べている。 「MDMは、決定の時点で必要とされる重要なデータを確保し、不確実性を排除し、信頼性を高めることによって、これらの目標をサポートします。」

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP