• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Autodesk Developer Network (ADN)メンバーがAutodesk 2013向けの新しいアプリケーションをリリース

2012年5月28日

3次元設計やエンジニアリングおよびエンターテイメントソフトウェアを提供しているAutodesk社が、「Autodesk Fabrication」ソフトウェアを発表した。本製品は、機械、電気、配管(MEP)事業の加工・設置をサポートするために、ビルディングライフサイクルの全体にわたりBIMを拡張ができるように設計された新しいアプリケーションである。新しいソフトウェアラインは、MEPの請負業者とエンジニア向けソリューションにおけるAutodesk製品ポートフォリオの最新ステップであり、昨年10月にAutodesk社が買収したMicro Application Packages社(MAP Software社)の製品がベースになっている。

「新しいAutodesk Fabricationツールは、MEPエンジニアリング業、請負業および建設業のマーケットに向けて、無駄の削減、低コスト化、協業の改善を図り、BIMワークフローの利点を拡張するダウンストリームプロジェクトソリューションを提供するという我々のコミットメントを反映したものです」とAECストラテジーアンドマーケティングシニアディレクターのNicolas Mangon氏は述べている。「これらの新しいツールは、今日のMEPの専門家にとってBIMワークフローのサポートを必要とするクライアントからの需要増加が期待できます。Autodesk Fabricationファミリーは、加工、据付および詳細設計をもとにしたビルディングシステムプロジェクトを必要とするMEP請負業者とエンジニアのためのツールです」。

「私たちのクライアントは、矛盾を最小限にし、やり直しを減らし、協業を改善するためのBIMワークフローを活用する請負業者を探しています」と建設・保守およびビルディングシステム運営でシカゴに本拠地を置くHill Groupの社長、Robert Krier氏は述べている。「Autodeskのソフトウェアは私たちの設計、詳細、加工そして据付のプロセスを統合することでそれらの需要に対応します。

Autodesk Fabricationポートフォリオは、コスト分析と見積、実世界のコンテンツを使用してのシステム詳細、HVACコンポーネンツのダイレクトマニファクチャリングなどで、クライアントへBIMの利益をもたらします。私たちのMEPシステムは職場ですぐに使える形になっています」。

Autodesk Fabricationポートフォリオは、コスト分析と見積、実世界のコンテンツを使用してのシステム詳細、HVACコンポーネンツのダイレクトマニファクチャリングなどで、クライアントへBIMの利益をもたらします。私たちのMEPシステムは職場ですぐに使える形になっています」。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP