• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Siemens PLM Softwareが「Insight XT」デザインデータマネジメントソリューションを発表

2012年6月18日

Siemens Automation and Drives (A&D)の事業部門として製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスを世界に提供しているPLMプロバイダーであるSiemens PLM Softwareが、「Solid Edge」ソフトウェアのCADファイルと関連するデータを管理する、「Insight XT」デザインデータマネジメントソリューションを発表した。Insight XTは、Microsoft社の「SharePoint」ベースで、データとプロセスをうまく活用することで、日々の設計業務において、簡素化や大幅なスピード向上をSolid Edgeユーザに提供する。Insight XTは、製造業で要求されているが標準のSharePointドキュメントライブラリで対応されていない、新しい部品や製品およびプロジェクトストラクチャーなどが追加されている。

本発表はグローバルユーザイベントのSolid Edge University 2012で行われ、参加者はSolid Edgeをどのように補完できるかなど、Insight XTをテストすることができた。また同社は、1300以上もの顧客志向の生産性向上を含む「Solid Edge ST5」も発表した。

「製品の複雑さが増す中で、関連する設計データの量は増大していく一方です。主力メーカーは、余裕をもってこの増大するデータを管理することと、データマネジメントソリューションの複雑さに取り組まなければならないという、大きなプレシャーのもとにあります」とSiemens PLM Software のメインストリームエンジニアリングの副社長、Karsten Newbury氏は述べている。「Insight XTは、効率性を向上させ、主力メーカーにデータと知的財産の完全な管理を提供する、シンプルかつ直感的で、簡単に使用できるソリューションです。Insight XTは、10年以上にわたり、マイクロソフト社のSharePointと築いてきたテクニカルリーダーシップとカスタマーサクセスの結果なのです」。

「Insight XTは、部品、製品、プロジェクトストラクチャー、およびそれに関連するドキュメントを管理する新しいアプローチにより、自動化および、新製品開発や量産体制のような間違いが起こりがちな複雑なプロセスを単純化することができる。それにより、Solid Edgeファイルと関連する設計データを簡単に検索することが可能である。新しいコンテンツと関連するブラウザインターフェースは、複雑な設計データや設計変更の影響を素早く理解することができ、データの関連性と関連するタスクを表示するダイナミックビジュアルアプローチを提供する。Insight XTは、設計作業を簡素化し、検索に費やす時間を設計作業に充当するなどの支援を行うために、設計データの容易な管理を可能とするアプローチを提供する。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP