• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CIMdata社がグローバルNC市場分析報告書を発表

2012年7月23日

世界をリードするPLMコンサルティングと調査会社であるCIMdata社が、「2012 NC Market Analysis Report」を発表した。エンドユーザーの投資額をもとに、世界でのNCソフトウェアと関連するサービスは、2011年に10パーセントの成長であったと試算した。エンドユーザーの投資は、2010年には13億3300ドルだったのが、2011年は14億6900ドルに達した。製造業での工作機械の売上高に現れているように、グローバルエコノミーの景気沈滞からの回復が続き、2011年の市場成長率は、全体的にPLMへの投資が多かったことを明らかにしている。世界での工作機械の出荷は2010年から2011年で35%増加したと概算され、工作機械を稼働させるCAMソフトウェアにも影響があった。2012年の製造業は成長を続け、エンドユーザーのNCソフトウェアへの投資は12.2%増加し、16億4900ドルになると推定している。

2002年から、NCソフトウェア市場は控えめではあったが、世界経済全体の回復に合わせて着実に成長してきた。工作機械の売上高と製造業の生産高は世界的に成長してきた。競争ポジションを強化するために、製造企業による工作機械の効率的運用が重要視され、CAMソフトウェアの構成要素であるPLM(Product Lifecycle Management)市場全体は、今期を通して強い成長を続けてきた。CAMソフトウェアの購入は、ほかの要因に関連するが、とくに工作機械と関連がある。

NCソフトウェアと関連サービス市場の規模と成長率は、エンドユーザーの投資に基づいているが、エンドユーザーの投資のおよそ3分の1がリセラーの収入になり、3分の2が、ソフトウェアベンダーの収入になっている。

CIMdata社のリサーチのディレクターであるStan Przybylinski氏は次のように述べた。「2011年は工作機械出荷台数や付随するソフトウェア投資から製造業セクターの強い回復が見られました。このことは、弊社のグローバルPLM市場分析の結果と整合しています」。続けてCIMdata社会長で、長年NC市場分析報告書に携わったAlan Christman氏は次のように述べた。「2011年は、製造業と多くのNCソフトウェアベンダーにとって素晴らしい年でした。ほとんどの工場では2011年において成長がみられ、CIMdataでは2012年以降も継続した成長を見込んでいます。中国や他の新興経済国の継続的な成長やグローバルな製造力としての重要性の高まりは、CAD、CAM、および他のセグメントも含むPLM市場全体のテクノロジーへの投資の増加になるはずです。また、米国に製造業の景気が戻ってくる報道を目にします。それには、低い人件費に対抗するための高度な製造テクノロジーへのさらなる投資が必要とされます。今後数年間はNCと広範なPLM市場において、好調な年が続くでしょう」。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP