• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Siemens PLM Software社がParasolid V25.0をリリース

2012年12月10日

2012年12月05日 アメリカ テキサス州 プラーノ - CAD/CAM/CAE及びPLMソリューションにおけるグローバルリーディングカンパニーであるSiemens PLM Software社は、CAD/CAM/CAE用として業界トップシェアを誇る3次元ジオメトリックモデリングコンポーネントであるParasolid V25.0をリリースした。Parasolid V25.0は顧客からの要望に基づき、特にサーフェスや可視化機能及びパフォーマンスに重点をあてた機能拡張が多数実装されている。

同社のシニアバイスプレジデント兼CTOであるPaul Sickin氏は『Parasolidは、我々の顧客である多種多様な企業の、技術的に難易度の高い製品開発にも適合できる高品質なソリューションを提供するものだ。この度の最新版のParasolidでは、アプリケーションデベロッパがエンドユーザーの生産性を大きく高めるためにワークフローの更なる自動化を可能とするような、魅力的な機能拡張を多数実現できた』と語っている。

Parasolid V25.0における機能拡張はサーフェスやパフォーマンス最適化を初めとして多岐に亘り、そのうちのいくつかを以下に挙げる。

1.サーフェスモデリングエンドユーザーがサーフェスをより精密に制御できるような機能拡張が行われている。具体的には、インポートモデルでよく見られるジオメトリに開いた欠陥の修復時に、フレームワーク構造として機能するような追加のデータを付与することが出来るようになった。さらに、複数プロファイルを指定するようなスイープ操作時に、クランプすることによって近接するフェースをより滑らかに結合できるようになった。

2.曲線モデリング曲線モデリングではより精密に曲線操作するための機能拡張が行われていて、滑らかに連結された一繋がりの辺から1本の連続したスムーズ曲線を作成できるようになったほか、1本または複数本の曲線をサーフェスに投影する際に、サーフェスの法線またはユーザーが指定した方向に沿って行うことが出来るようになった。

3.パフォーマンスにおける改善 CAEアプリケーションにおける新しいワークフローに対応できるように、ブーリアンやレイファイアのような既にアルゴリズムが確立されているような機能について、これを改善するような変更を加えている。この変更により、高度に複雑なオペレーションにおいても速度を犠牲にする必要がなくなっている。

以上の機能拡張に加えて、Parasolid V25.0では特殊な産業やワークフローにフォーカスした高度な改良なども数多く行われている。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP