• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Dassault Systemes社が航空機設計に関するAirbus社との戦略パートナーシップを強化

2013年2月18日

Dassault Systemes社 フランス ヴェリジ・ヴィラクブレー 2013年2月7日 ―― 3DEXPERIENCEカンパニーのDassault Systemes社は7日、同社の3DEXPERIENCEプラットフォームのリアリスティックシミュレーションアプリケーションであるSIMLIAの使用の拡大のために、Airbus社とパートナーシップを結んだことを発表した。このパートナーシップにより、A350-900を皮切りにAirbus社の次世代航空機開発における構造解析とバーチャルテスティングが促進される。

Airbus社のADVANS(Accelerated Development for Vulnerability and Nonlinear System)計画はDassault Systemes社SIMULIA Abaqusの、航空機機体構造の現実世界における強度と性能を高い精度でもって予想する、先進的な非線形動的解析能力を適用するという革新的なシミュレーション手法によって成り立っている。物理的な試験の実施に先立って設計の早い段階で行われる、精度の高い非線形解析は結果としてより早く、より低いコストでの高品質な設計を実現する。Airbusの設計者や技術者は極めて巨大なシミュレーションモデルを作成し、CATIAで設計した航空機モデルを修正するだろう。このとき、高性能なコンピュータクラスタ上でSIMULIA Abaqusを利用すると、フルスケールでの非線形構造解析が可能となる。

Dassault Systemes社インダストリーマーケティング部エグゼクティブバイスプレジデントのMonica Menghini氏は、『このプロジェクトに伴って、フルスケールでの航空機設計を検証するために高性能コンピューティングと我々の物理シミュレーションアプリケーションとの間にある障壁を押し上げてきた。

3DEXPERIENCEプラットフォームによって、ユーザーは自身が設計する航空機を試作機を製造することなく速やかに、正確な物理的性能を確認することができる。この結果としてAirbus社の、高度に情報化されたミッションクリティカルな設計及び技術的意思決定能力は更に進化したものとなった』とのコメントを寄せている。

Airbus社のADVANSプログラムはAirbus社とDassault Systemes社の長期的な協力関係を示す大きなマイルストーンで、3DEXPERIENCEプラットフォームに含まれるSIMULIAアプリケーションは解析ユーザーに対して、あやふやな線形解析ではなく、より正確な非線形解析技術を利用することを可能とするものである。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP