• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3D Systems社がCubify Sculptをリリース

2013年8月19日

2013年8月14日 アメリカ サウスカロライナ州 ロックヒル ――― 3D Systems社は8月14日、新たなクレイモデリングツールであるCubify Sculptをリリースした。Cubify Sculptを利用することにより、技術と経験を必要としていた従来の複雑な操作から解放され、誰でもシンプルかつ直感的に3D形状をモデリングすることが可能となっている。同ツールには3D Systems社のボリュメトリックエンジンが搭載されており、有機的な形状でも思うがままにモデリングして、それをそのまま3Dプリンタへ出力することができる。Cubify SculptはCubify公式サイトから129ドルで購入できるほか、同サイトから14日間のトライアル版のダウンロードが可能となっている。

Cubify Sculptは、テクスチャーを使用したエンボス加工機能、フルカラー3Dプリンタ対応のペイント機能、バーチャルクレイモデルの直感的な操作を実現するプッシュ・プルモデリング機能、有機的な形状モデリング時に有効な左右対称設定機能、複数データをインポートしてより巨大で、かつ複雑なオブジェクトの設計を可能とするマッシュアップ機能など数多くの機能が搭載されているほか、STLやOBJ、PLY形式のインポートにも対応している。また、Cubify Sculptで設計したモデル形状は、Cubify CeramixやCubify Colorstoneといった材料を使用して家庭用プリンターやクラウドプリンターから3Dプリントできる。3D Systems社はこのCubify Sculptを、同社のCube/CubeX 3Dプリンタと成長著しいCubifyプラットフォームへの統合を予定している。

3D Systemsバイスプレジデント兼コンシューマ製品部門ゼネラルマネージャのRajeev Kulkarni氏はこの発表に際し、『誰もが簡単に3Dプリント出力可能な3次元モデルを設計できるCubify Sculptは、従来の3Dモデリングツールの概念を変えました。メインストリームユーザーは、弊社の新しいバーチャルモデリング技術によって、彼らの毎日をより良く過ごすことができるような何かを彼ら自身が設計し、そしてそれを3Dプリントによって現実世界に表現できるようになるでしょう。』と述べている。

Cubify Sculptの無料トライアル版のダウンロードは以下のURLから
http://www.cubify.com/sculpt

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP