• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Autodesk社がAutodesk Point Layoutを発表

2013年8月26日

2013年8月21日 アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ ―― BIMソリューションにおけるリーディングカンパニーとして知られるAutodesk社は8月21日、新しい建設現場におけるレイアウト構築ソリューションのAutodesk Point Layoutをリリースした。Autodesk Point Layoutは、同社が買収したGet The Point社の技術を利用するソフトウェアで、Autodesk RevitやAutoCAD、及びNavisworksで作成されたBIMおよびCADモデルから自動的に現実世界における位置座標を示す点データを作成し、その点データを元にTopcon社の測量システムや付随する携帯デバイスのようなロボティックトータルステーションを動作させることで、建設産業が必要とする精度の高い位置合わせを実現する。

Autodesk Point Layoutによって、これまでミス発生の元凶となっていた人力によるレイアウト構築を自動化することにより、現場レイアウトの正確性と生産性を改善することができるため、建設設計の精度を向上しつつ、従来よりも迅速に建設現場環境を構築することが可能となる。結果として、建設作業全体の高速化と、建設プロジェクトの納期や予算が超過する蓋然性を減少させることができる。また、所要人員と時間の縮減に伴い、建設現場の安全性も同時に向上することができる。また、同社のクラウドソリューションであるAutodesk BIM 360ポートフォリオと組み合わせて使用することにより、Autodesk Point Layoutは建設産業の生産性を向上するために重要な別の要素を提供する。

Autodesk社インフォメーションモデリング&プラットフォームプロダクトグループ シニアバイスプレジデントのAmar Hanspal氏は、『BIMは、斬新で強力なアプローチで建設産業界を絶えず変化させ続けます。実際の現場とデジタルモデルを関連付けることは、現地のみならず、建設プロジェクト全体にわたっての高い正確性と作業効率を両立するための重要なステップであります。我々のAutodesk Point Layoutは、これらの取り組みを前進する上で大きな助けとなるでしょう。より大きな観点から言えばこの新しいソフトウェアは、建設を含むワークフロー全体にわたってBIMとその生産性向上の恩恵をもたらすために我々が持っている強力な武器の一つとなります。』とコメントしている。

Autodesk Point Layout技術を既に利用している顧客からは、建設現場のレイアウトに要する時間と費用について、目覚しいほどに削減することができたとの声が上がっている。時間とコストの節約ばかりでなく、Autodesk Point Layoutがもたらす正確性の向上によって、より少ない人員でもより高精度な作業が可能となり、結果的に安全で遅滞の無いプロジェクト環境を実現することができる。

PCL Construction社バーチャルコンストラクションマネージャーのNick Kurth氏は、『とあるプロジェクトにおいて、我が社はAutodesk Point Layout技術の利用により、コンクリート基礎に含まれていた27%の無駄の削減を実現しました。我々の建設現場におけるBIMワークフローを拡大する上で強力なツールであり、今後の我が社の業務において、この新しいソフトウェアを利用することでより強力に無駄を削減することができると期待しています。』と語っている。

GPSやレーザー計測、無線通信に加え、BIM技術まで取り込むことにより、トータルステーションを使用することで、基礎の角と鉄筋コンクリートフレームの接合面のような建設要素の正確な配置を現地で確かめることができる。また、元請負会社であれば、このソフトウェアを使うことで、彼らの品質管理下にある下請け業者の作業を再評価することができるだけでなく、現実の建設現場の状況を確認し、保守するために、トータルステーションで測定したデータをモデルへ変換することができる。

Autodesk Point Layoutは現在英語版のみがリリースされている。

Autodesk Point Layoutに関するより詳しい情報は以下のURLから
http://www.autodesk.com/products/point-layout/overview

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP