• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

EOS社が積層造形向け金属系新素材2種を発表

2014年3月18日

EOS社 ドイツ バイエルン州 クライリング 2014年3月17日

設計指向型産業用積層造形ソリューションでその名を知られるEOS社は17日、積層造形向け金属系新素材の「EOS Titanium Ti64ELI」および「EOS StainlessSteel 316L」を発表した。チタン合金の「EOS Titanium Ti64ELI」は耐腐食性と機械特性に優れることに加え、チタン比率の高さから高い生体親和性を併せ持つことから、医療用生体材料としての利用を見込んでいる。一方、「EOS StainlessSteel 316L」では、耐食性能と延性の高さを両立するとともに、医療器具向けステンレス材料に求められるASTM F138規格にも対応していることから、内視鏡をはじめとした外科用医療器具や、時計や航空宇宙産業向けデバイスなどで威力を発揮できるとしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP