• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

EOS社が「EOS M 290」を発表

2014年5月20日

EOS社 ドイツ テューリンゲン州 エアフルト 2014年5月14日

金属系積層造形ソリューションの開発元として知られるEOSは14日、同社の金属系3Dプリンター「EOSINT M 280」の後継機となる「EOS M 290」を発表した。「EOS M 290」は、定評ある「EOSINT M 280」の基本的な造形ユニットを流用しながら、「EOSTATE」と名付けられた監視機能による高度な品質管理により、航空宇宙業界や医療器具の製造により適合するようになっている。また400ワットの高出力レーザーによって窒素やアルゴン雰囲気下での処理が可能となり、ステンレスから軽金属まで幅広い材料を扱うことができるとしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP