• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Graebert社が幾何拘束ソルバとしてSpatial社製「Constraint Design Solver」を採用

2014年7月3日

Graebert社 ドイツ ベルリン 2014年7月2日

Graebert社は2日、同社のCADツール用幾何拘束ソルバとして、Dassault Systemes社傘下のSpatial社製「Constraint Design Solver」(CDS)を採用したことを発表した。CDSは高性能な2D/3D両用幾何拘束ソルバで、Dassault Systemes社のV5テクノロジーや3DEXPEIENCEプラットフォームでも使用されている。Graebert社の発表によれば、この実績のある幾何拘束システムと同社のDWGベース2D/3DCAD技術とを組み合わせることで、より優れた機能を提供することができるとしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP