• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Autodesk社が3次元アニメーションツール最新版を発表

2014年3月24日

2014年3月18日 アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ ―― BIMソリューションからエンターテイメント向け3DCG作成ソフトウェアまで幅広く手がけていることでその名を知られるAutodesk社は18日、同社の3Dアニメーションツール群の次期バージョンとなる、「Autodesk 3ds Max 2015」、「Maya 2015」、「MotionBuilder 2015」、「Mudbox 2015」、「Softimage 2015」、および新興ゲームメーカー向けとして同社の製品ラインナップに新たに加わる「Maya LT 2015」を発表した。同時に、これらのソフトウェア群は「Entertainment Creation Suite 2015」パッケージとしても発売されることが発表されている。

Autodesk社メディア・エンターテイメント部門シニアバイスプレジデントのChris Bradshaw氏はこの発表に際して、「今回の2015シリーズは、長年にわたってリリースしてきた中でも、かつてないレベルでクリエイターが自身の創造力を形にすることができるソフトウェアとなっています。単にパフォーマンスを改善するだけでなく、使い勝手の良さを洗練し、Bifrostのようなイノベーティブなツールを盛り込むことに注力し、アプリケーションの中核部分から刷新しました。大ヒット映画や新しいコンソール機用ゲームのエフェクト作成であろうと、モバイル端末用アプリで使用するイメージ作成であろうと、今回の2015シリーズを利用することで最高の画像と映像を製作することができるでしょう」と述べている。

消費者からの、より高品質で洗練されたCG映像を求める声の高まりに対応して、今日のCGアニメーション製作は以前にもまして複雑なものとなっている。Autodesk 2015シリーズのアニメーションツールはこのような状況を反映し、スケジュールや予算の管理に重点を置きながらも、様々な3Dアニメーションプロジェクトにとって最適なツールとなるべくして開発された。各ツールには高精度でインタラクティブなビューポートが搭載されるとともに、ツール横断的なワークフローとWYSIWYG型の作業環境を備えるよう改良されている。また、安価なコンシューマデバイスを使用した動体検出技術にも新たに対応している。

各ソフトウェアツールの新機能および更新内容

Autodesk Maya 2015
「Autodesk Maya 2015」では、複雑なシミュレーションやレンダリングタスクのワークフローを単純化しながら高い拡張性を実現する、定型エフェクトプラットホームのBifrostや、髪の毛や毛皮に代表される非常に詳細な幾何形状を容易に作成できるXgen Arbitrary Primitive Generator、シェーダプログラミング用の新規ノードベースビジュアルインターフェースのShaderFXのような新機能が導入されているほか、ポリゴンモデリングツールやUVオプションの拡張が実施されている。
Autodesk 3ds Max 2015
「Autodesk 3ds Max 2015」では、「Autodesk Maya 2015」と同じくShaderFXが導入されているほか、現実世界のスキャンを可能とする点群データセット読み込み機能やユーザからの要望が強かったパイソンスクリプト作成機能が追加されている。また、改良点としてはビューポートパフォーマンスの最適化やシーンエクスプローラーの再構成などが挙げられている。
Autodesk MotionBuilder 2015
「Autodesk MotionBuilder 2015」は先進的なモーションキャプチャワークフローを可能とするための様々な機能を搭載したツールで、Microsoft社「Kinect」用プラグインや現実での映画作成技法をトレースするAnimatable Depth and Follow Focusオプション、およびAutodesk FBX形式アニメーションコンテンツライブラリなどから構成される
Autodesk Mudbox 2015
「Autodesk Mudbox 2015」では、トポロジー変換用のメッシュ最適化機能の効率化や複雑なシーンにおける同一レイヤの識別とグループ化を支援するためのレイヤグループ追加などが行われている。
Autodesk Softimage 2015
「Autodesk Softimage 2015」は、Alembicデータのキャッシュおよび3D資産の作成・管理の効率化に貢献するツールで、ICEプラットホームおよびSyflex布に対するアニメーション可能な重量マッピングに改良が行われている。
Autodesk Maya LT 2015
「Autodesk Maya LT 2015」は、インディーズゲームメーカー向けに新設された、低コストな3Dモデリングおよびアニメーション製作ツール。

より詳細な情報は以下のURLから
http://news.autodesk.com/press-release/media-and-entertainment/autodesk-announces-2015-3d-animation-software

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP