• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Roland DG社が新型64インチプリンター「VersaEXPRESS RF-640」を発表

2014年7月7日

2014年7月2日 日本 静岡県 浜松市 ―― 大判インクジェットプリンターメーカーとして世界的にその名を知られているRoland DG社は2日、優れた印刷品質とランニングコストの低さを両立した新型64インチプリンター「VersaEXPRESS RF-640」を発表した。

「VersaEXPRESS RF-640」の発表に際してRoland DG社プロダクトマネージャーの山崎氏は、「新型の『VersaEXPRESS』プリンターは激しい競争に見舞われているグローバル市場において、比類の無いパフォーマンスと価値を低価格で実現することを目標として開発されました。全世界、特にエマージングカントリーと呼ばれる国々において、生産性と利潤を拡大するために必要な低価格な大サイズ印刷ソリューションに対する需要が非常に大きくなっています。このような状況で、高速・高品位印刷と低ランニングコスト、さらに使い勝手の良さを同時に実現している『RF-640』は多くの潜在的ユーザーにとって極めて魅力的な製品となるでしょう」とコメントしている。

「VersaEXPRESS RF-640」は印刷制御技術の改良によって印刷品位と色精度を改良すると共に、紙送り機構の信頼性向上によって印刷速度を毎時48.5平方メートルにまで高めている。また、あらかじめバックアップカートリッジを装填しておくことで、インクカートリッジの自動交換が可能なRolandインク交換システムにより、自動連続印刷を可能としている。

加えて、「GREENGUARD Gold」認証を得た、業界屈指の高性能を誇るプリンターヘッドと低VOCを特徴とする「ECO-SOL MAX 2」インク、およびそれらに最適化されたプロファイルによって、従来機比で20%のインク消費量削減を実現している。離れた場所からプリンターを操作できる「Roland Printer Assist」システムによって、プリンターステータスの確認やジョブ制御を手元のiPad端末から行うことも可能となっている。また、再設計されたインクカートリッジのフロントローディング機構は、アクセス性を低下させること無くプリンターのサイズを最小化することに成功しているほか、最重量級ロールをセットすることができる特殊ブラケットの装備も可能となっている。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP