• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Intergraph社が「CADWorx 2015」をリリース

2014年12月15日

2014年12月8日 アメリカ アラバマ州 ハンツビル ―― Intergraph社は8日、次世代型AutoCADベースプラント設計・自動化ソフトウェアソリューションの「CADWorx 2015」を発表した。同バージョンには、Apple社「iPad」上で無償ビューアーから「CADWorx」設計モデルを共有し、表示するために必要な.ifv形式ファイルを作成できる「CADWorx Design Review」に関する機能強化についても含まれている。

スケーラビリティと互換性に優れたインテリジェントな2D/3Dプラント設計システムである「CADWorx」シリーズは、配管・計装図(P&ID)とモデルの同期機能に加えて、インテリジェントモデリング機能やアイソメ図やBOMのような設計成果物の自動生成機能を搭載し、エンジニアリングプロセスと設計プロセスを通じて組織全体の生産性を増進させることができる。

その他の「CADWorx 2015」における新機能は、マイターエルボーやネジ付パイプ、オスメスニードルバルブのルーティング機能や、カスタムフィールドに対するモデル用のデフォルト値設定の追加、使用エディタ用の新規テーブルの追加、よりユーザーフレンドリーとなったISOGENインターフェイスなどが挙げられる。

Intergraph Process, Power & Marine社グローバルビジネス開発&マーケティング部門エグゼクティブバイスプレジデントのPatrick Holcomb氏は、「『CADWorx』は高度なインテリジェンスと自動化に加えて解析ソリューションや目覚ましいほどに生産性を改善できる機能の数々を完全に統合した、完璧なソリューションです。『CADWorx』による迅速なインプリメンテーション能力とプロジェクトの完遂能力により、時間と資材、そして費用を削減できることでしょう。」と述べている。

また、Intergraph Process, Power & Marine社エグゼクティブバイスプレジデント兼Intergraph CADWorx & Analysis Solutions社社長のRick Allen氏は、「『CADWorx』は、AutoCADベースのプラント設計ソリューションでありながら、そのユーザーは『ISOGEN』や『OrthoGEN』のような業界標準ソリューションへ、ハイエンドソリューションを利用しているときと同じようにアクセスしている。すなわち、中小規模のプロジェクトにおいても、(プロジェクトの規模や複雑性に関わらず)クライアントが成果物に要求する品質を速やかに提供することができるということを表しています」と述べている。

Intergraph CADWorx & Analysis Solutions社の製品は、設計およびエンジニアリングについて、関連する情報をシームレスに共有することが可能であり、従って精度を維持し、効率を改善することができる。製品には、AutoCADベースのインテリジェントプラント設計モデリングやプロセススケッチ、およびプラント設計成果物の自動生成が行える「CADWorx Plant Design Suite」、インテリジェントな2次元設計・レイアウトソリューションの「CADWorx Draft Pro」、世界的に最も広く利用されている配管応力解析ソフトウェア「CAESAR II」などが含まれている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP