• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Carbon3D社が「CLIP」を発表

2015年3月23日

Carbon3D社 アメリカ カリフォルニア州 レッドウッドシティ 2015年3月17日

Carbon3D社は17日、同社が「CLIP」と呼ぶ新しい3次元造形技術を発表した。CLIP(Continuous Liquid Interface Production)は、従来型3Dプリンター技術と比較して25~100倍高速な造形速度に加えて、積層造型特有の層状構造を持たないことを最大の特徴としている。造形プロセスは紫外線による高分子化を利用した光硬化反応で、底面を酸素透過性素材で構成された液体樹脂プールに対して下面から紫外線を照射し、底面を通じた酸素流動を制御することで、連続的に断面を変えながら造形することができる。造形された部品は層状構造を持たないため、単に表面が滑らかなだけでなく、積層造型部品につきものの強度異方性をもたない。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP