• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Formfutura社が3Dプリント用新型木質フィラメントを発表

2015年6月15日

Formfutura社 オランダ アムステルダム 2015年6月9日

Formfutura社は2015年6月9日、レーザー焼結式3Dプリント向けの木質フィラメント2種を新たに発表した。発表されたフィラメントはそれぞれオリーブを模したEasyWood Oliveおよび同様に黒檀を模したEasyWood Ebonyだ。Oliveは緑色がかった茶色をしており、造形後は自然に苔むしたような見た目となる。一方、Ebonyは、造形後は非常に深みのあるシックな暗褐色となり、同社は現在市場に存在する木質フィラメントの中でも最も暗い色合いであることを謳っている。また、選択可能なフィラメント径は1.75mm(ミリメートル)と2.85mmの2種類となっている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP