• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

RepRap社が新型3Dプリンター「X1000 V2」をリリース

2015年9月4日

RepRap社 ドイツ 2015年9月2日

RepRap社は2015年9月2日、新型3Dプリンター「X1000 V2」をリリースした。X1000 V2は最大造形サイズ1000×800×600mm(ミリメートル)の大型3Dプリンターで、ヒートベッドを備えている。内蔵する「Direct Drive DD3」と名づけられた新型エクストルーダーは、接触圧が可変であること、ノズル開口径を0.4mmから1mmで変更できることを特徴としている。

また、2点式センサー管理システムを搭載することで、操作中のミスの削減や停止ボタンを押してフィラメントを交換可能となっている。X1000 V2はオープンアーキテクチャを採用しているため、一般的なPLAフィラメントやLaywoodフィラメント、あるいはPVAフィラメントなどを使用できるとしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP