• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

GrabCAD社が「GrabCAD Workbench」を無償公開

2015年2月16日

2015年2月11日 アメリカ マサチューセッツ州 ケンブリッジ ―― GrabCAD社は11日、同社の設計コラボレーション環境「GrabCAD Workbench」を全てのユーザーへ無償公開することを発表した。これにより、あらゆる規模のエンジニアリングチームが、追加の労力を要することなくCADファイルを管理し、共有することが可能になるため、製品開発プロセスを加速することができる。

GrabCAD Workbenchは、人々とコンテンツと技術を結び付けることで設計者が自身の創造性を開放するための助けとなるというGrabCAD社の目標の中核をなすものである。2013年に初めて導入されて以来、複数のCAD環境や異なる設計バージョンの調整、あるいは複数のチーム間でのコミュニケーションといったコラボレーションにおける様々な障壁に悩まされていたエンジニアを中心として、GrabCAD Workbenchは驚くほどの速さで受け入れられてきた。

GrabCAD社CEOのHardi Meybaum氏は、「今回の無償化の目的は、GrabCAD Workbenchをより多くの人へ届けることです。無償モデルへの回帰は、Workbenchユーザーの拡大を加速し、製品設計におけるコラボレーションに付きまとってきた制限を取り払うことでしょう。迅速な設計コンセプトの試行錯誤や場所を選ばない設計データへのアクセスを可能とし、設計プロセス自体の速度と品質を大きく改善するようなソリューションを全ての設計者へ無償で提供できるということに興奮を隠せません」と語っている。

GrabCAD社はGrabCAD Workbenchへの投資を継続し、CADコラボレーションのための選り抜きのツールとなるよう開発を続けており、数か月以内にユーザーから待ち望まれている機能を導入する予定である。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP