• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

80億ドルに拡大した2014年のCAD市場

2015年4月27日

2015年4月24日 アメリカ カリフォルニア州 ティブロン ―― Jon Peddie Research社(以下、JPR)は2015年4月24日、過去のデータと予測を含むCAD市場に関する調査レポート「Worldwide CAD Market Report」を発表した。同レポートでは複数のCADソフトウェアおよび関連製品のサプライヤーに焦点を合わせ、15年以上にわたるデータを反映している。

CAD業界はさまざまな分野や業種、機能への要求を満たすように成長を続けてきたが、同レポートではCAD図面やモデルを設計するために使用されているツールに集中している。この観点から、主要な企業や地理的な分析、推定されるユーザー数、および将来の予測などのマーケットシェアデータを提供する。

同社は、現在のCADソフトウェア市場規模を80億ドル程度と推計し、2017年には87億ドル(年平均成長率4%<パーセント>)に達すると予測している。CAD市場は、数十年にわたってゆっくりとした成長を続けてきたが、その中でも業界にはいくつかの大きな変化があり、中でもここ最近で大きなものは2009年の景気後退である。どんな景気後退であろうと、産業界というものは自身をより効率化することに注力し、雇用条件を引き締めることでその後数年の成長の糧とする。

デジタルワークフローがもたらすアドバンテージは工場の中にまで広がり、CADデータへアクセスする必要のある人間の数は増加し続けている。新たなソフトウェアと訓練手法によって、CAD労働者がより効率的に行動できるようになると共に、そのスキルを上達させることができる。長く望まれていた3次元設計への移行速度はさらに増大し、2次元設計と3次元設計ワークフロー間のギャップはいくつかの業界でより大きな問題となりつつある。

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP