• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

LMI Technologies社が「MikroCADスキャナー」を発表

2015年5月11日

2015年5月7日 カナダ ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー ―― 3Dスキャナーと検査ソリューションにおけるリーディングカンパニーであるLMI Technologies社は2015年5月7日、新たにDigital Surf社の「MountainsMap」技術を搭載する表面検査用サブミクロンスケールスキャナー「MikroCADスキャナー」を正式に発表した。

同発表は、2014年7月のLMI Technologies社によるGFMesstechnik社の買収に伴うMikroCAD製品ラインの刷新を反映したもので、共焦点光学系や白色光干渉計に代表される従来の走査技術と比較して、遜色ない性能と優れた柔軟性を圧倒的な低コストで顧客へ提供するとしている。

LMI社セールス部門取締役のLen Chamberlain氏は、「最先端のMountainsMap技術の導入により、MikroCADはさらに使いやすい検査ソリューションとなりました。単にサブミクロンスケールでの走査が行えるだけでなく、最高の表面データ解析能力とそのレポート用ツールを備えています。それでいてコストは従来型ソリューションの半分にも満たないのです。」と述べている。

MikroCADスキャナーは今後、LMI Technologies社の製品として販売され、liteとpremium、そしてplusを含む全てのモデルに同社の「LMI3D」ロゴが付与される。新たにスキャナーと検査ソフトウェアを統合したバージョンも2種用意されており、それぞれ「MikroCAD Standard」および「MikroCAD Professional」と名づけられる。これらのソフトウェアは、複数言語対応の優れたユーザー環境を備え、さまざまなレベルの最先端の表面画像化処理や解析、検査ツールを通じて高度にビジュアル化された包括的な表面検査レポートを高速で作成できる。

得られた結果は、レーザー彫刻やスポット溶接あるいは歯車解析などの用途で用いられる、高反射率または表面が変形しやすい材料からなる微細な部品や機能性表面の検査と品質制御のための最適なソリューションとなる。

また、同社は既存ユーザー向けに「MikroSYNC」アダプターを新たに提供することで、MikroCADスキャナーの旧バージョンのWindows 7やWindows 8システムでの動作にも対応する。

アダプターLMI Technologies社CEOのTerry Arden氏は、「競争力ある価格ながら優れたスキャン結果を達成する強力なツールを我が社の顧客へ提供できることを喜ばしく思います。同時に、我が社の優れた3D技術と大量生産能力を生かした次世代MikroCADの開発にも手掛けております。我が社の努力によって、画期的な機能を備えたスキャナーを、驚くべきコストパフォーマンスで顧客の皆様へ提供することができるでしょう。」とコメントしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP