• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Siemens PLM Software社が「Solid Edge ST8」をリリース

2015年5月25日

2015年5月19日 アメリカ テキサス州 ダラス ―― Siemens PLM Software社が発表した「Solid Edge」シリーズの最新版となる「Solid Edge ST8」は、ユーザーの設計速度を向上させ、シンクロナステクノロジーの使い勝手を改善するような新機能や機能改良を盛り込んでいる。また、プラットフォームと購入オプションに関する柔軟性をより強化すた。加えて、フルバージョンのSolid Edge ST8では、Windows 8.1がインストールされたタブレット端末での動作に対応し、設計作業を行う場所と時間をユーザーが自由に選択できるようになっている。

今回のSolid Edge ST8のリリースと足並みをそろえる形で、Siemens PLM Software社は新たなモバイルアプリとなる「Solid Edge App Marketplace」を立ち上げた。この新しいワンストップ型のオンラインショップは、Solid Edgeの機能を強化することでユーザーの製品開発における生産性をさらに強化するだろう。

Kimball International社R&D部門エンジニアリングマネージャーのRicardo Espinosa氏は、「Solid Edge ST8で導入される新機能は、学習曲線の急速な立ち上がりを実現し、研修生や一時的な増員に対する教育を容易にするだけでなく、瞬く間にSolid Edgeをスムーズに操作できるようになるでしょう。Solid Edgeの開発チームが顧客を重視していることは自明であり、最先端の製品開発ツールを提供し続けるという責務を果たしています」と語った。

シンクロナステクノロジーによる設計意図管理機能や複雑なスケッチおよび3Dフィーチャ認識機能の改良により、設計ツールの操作ではなく、設計そのものへ集中して作業が行えるようになっている。このため、モデリングプロセスの促進という結果をもたらす。シンクロナステクノロジーを組み入れた柔軟なモデリング能力によって、迅速かつ直感的に正確な設計作業を行えるため、製品の市場への投入を早めることができる。シンクロナステクノロジーはダイレクトモデリングが持つ高速さや柔軟性と寸法駆動設計による正確な制御能力とを結びつける。

Solid Edge ST8の複雑な大規模アセンブリの単純化機能によって、正確な解析能力と機構予測機能をあわせ持ち、アセンブリ設計プロセスを大きく加速し、物理的な試作の必要性を大きく減じることができる。ST8では、製品に含まれる学習ツールやオンラインコミュニティおよびSolid Edge Marketplaceへのアクセス性を強化しており、設計プロセスの加速を通じてパフォーマンスと生産性の改善を促進することを意図している。マンスリーサブスクリプションモデルを含む購入オプションの選択性は、多様なビジネス上の要請に適合し、顧客に対して財務上の柔軟性を提供できるよう設計されている。

また、Solid Edge ST8では、Windows 8.1のマルチタッチインターフェイスと指認識機能に完全対応し、より直感的な設計を可能としている。モバイルプラットフォームからの設計プロセスへの完全なアクセスを実現することにより、作業場所の柔軟性を提供し、更なるイノベーションとコラボレーションを可能とする。

Lifecycle Insights社リサーチアナリストのChad Jackson氏は、「タブレット端末でSolid Edgeによる設計を行っていたユーザーの方々と会話すると、Solid Edgeがタブレットに移植されていないことだけが問題であるとすぐに分かりました。彼らは、マルチタッチとスタイラスによる利点を活かすために、どうにかしてSolid Edgeを携帯環境に適合させようと苦闘していました。このようなユーザーの声から、サプライヤーとのコラボレーションと言う観点で真の利益に気づいているユーザー、顧客のニーズに対して弛むことなく応じようとするユーザーがどこにいるかということが分かります。タブレット端末のサポートは、現代の設計者のニーズに対して真に対応するものです」と述べている。

Siemens PLM Software社メインストリームエンジニアリング部門シニアバイスプレジデントのJohn Miller氏は、「Solid Edge ST8は、アクセシビリティと使い勝手の面で長足の進歩を遂げています。我々は顧客の皆様がどのように購入し、どのように活用するか皆様自身で選択できることが重要であると考えています。永久ライセンスとサブスクリプションライセンス、あるいはデスクトップワークステーションとモバイルプラットフォームのそれぞれどちらを選択するとしても、我々は顧客の皆様のビジネスにとって最適なソリューションを提供します。結果として、Solid Edgeユーザーの皆様へより良い製品の設計とイノベーションの実現をもたらすでしょう」と述べている。

なお、Solid Edge ST8は今夏のリリースを予定している。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP