• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Dassault Systèmes社とSafran Groupが戦略的提携を発表

2015年6月22日

2015年6月18日 フランス ル・ブルジェ ―― 3次元設計とPLM製品におけるリーディングカンパニーとして知られるDassault Systèmes社は2015年6月18日、航空宇宙および防衛産業における国際的なハイテク企業グループのSafran Groupとの間で、Dassault社の3DEXPERIENCEプラットフォームを用いた積層造型プロセス仮想検証技術の開発を目的として戦略的提携を締結したと発表した。

積層造型技術は一般的に「3Dプリント」の呼び名で知られており、部品やサブシステムの3DモデルをCADやCAE、あるいはCAMまたはCAMSソフトウェアを用いて作成し、特定の材料からなる層を連続的に積み上げて造型する。

この製造技法を航空機製造業で効果的に利用できるのであれば、製品の製造期間を短縮できるだけでなく、強度や重量、環境負荷を従来手法を大幅に改善させ、製品自体の性能を向上できる。

今回の提携では、Dassault Systèmes社の3DEXPERIENCEプラットフォームをSafran社の革新的技術に対する高度な専門知識と組み合わせることで、世界トップクラスの積層造型向けエンドトゥエンドデジタルソリューションを開発することを目標としている。

この新しいエンドトゥエンドプロセスは、上流の材料開発から下流の製造プロセスとテストまでを取り扱うもので、エンジン部品を積層造型するために必要となる全ての設計パラメーターに対して、材料工学から機能的な仕様策定、ジェネレーティブデザイン、3Dプリントの最適化、および複数のロボットによる生産と認証など、デジタル技術を基盤とする一貫性を提供する。

Dassault Systèmes社研究開発部門シニアエグゼクティブバイスプレジデントのDominique Florack氏は、「航空産業に大きなインパクトを与えるであろう新素材や生産とメンテナンス、設計に関わる手法を統合し、取り込むためにDassault SystèmesとSafran社との長きにわたるコラボレーションの歴史は今日、新たな次元へと進化します。我が社の3DEXPERIENCEプラットフォームが備えている戦略は、材料設計から構想設計、ジェネレーティブデザインからその製造、そして認証から修正に至るまで、積層造型プロセスで求められるさまざまな側面に対応しています。Safran社との協働を通じて、未来の製造業の革新へつながるであろうこの分野で完全な取り組みを実現するために、必要な仮想世界を構築する手法を育むことができるでしょう」と述べている。

また、Safran社イノベーション事業部シニアバイスプレジデントのPierre Fabre氏は、「研究と技術は我が社の根底をなすもので、より安全で、より環境調和的な空の旅を実現するために不可欠の継続的な改良を行ううえで必要です。Safran社は現在、エンジン製造における3Dプリント技術の活用という分野で指導的な立ち位置にあります。Dassault Systèmes社との提携で得られるさまざまな知見と3DEXPERIENCEプラットフォームの力によって、我々はイノベーションを早めると共に、顧客ニーズにより的確に応えられるでしょう」と語った。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP