• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

RnRMarketResearch.comによる2020年までの3Dスキャナー市場予測

2015年7月21日

2015年7月16日 アメリカ テキサス州 ダラス ―― 3Dスキャナーはレーザーや構造化光を用いることで実在の物体や周辺環境をデータ化し、計測できるデバイスである。3Dスキャナーが生成するデータは点群と呼ばれ、詳細な解析や計測、あるいは修正などの目的としたスキャン対象の3D表現の作成に使用される。製品の品質保証を目的として、さまざまな産業で幅広く利用されている。

3Dスキャナー市場はアメリカ大陸、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびその他の地域からなる四つの地域によって構成されている。

アメリカ合衆国、カナダ、およびメキシコからなる北米地区はアメリカ大陸における3Dスキャナー市場で主要な地位を占めており、自動車や健康、航空宇宙など業種を問わず、あらゆる新規の3Dスキャニング技術の最前線となっている。また、同地区では科学捜査やファッション・宝飾のような急激に拡大しつつある新規の需要層におけるアーリーアダプターの比率が高いことも特徴である。この分野ではヨーロッパも北米地区と近い傾向を示している。

3Dスキャナー市場において主要な企業としては、Hexagon社、Faro Technologies社、Nikon Metrology社、Trimble社、Topcon社、Creaform社、Perceptron社、GOM社などが挙げられる。

RnRMarketResearch.comがまとめた3Dスキャナー市場分析レポートの「3D Scanner Market by Type (Laser and Structure Light), Industry (Automotive & Transportation, Healthcare, Aerospace & Defense, Architecture & Construction, Energy & Power, Geospatial, and Others) and by Geography - Global Forecast to 2020」は、3Dスキャナーの種類、撮影可能距離や製品、あるいは業種や地理的条件などで幅広く分類した3Dスキャナー市場規模と予測を提供している。

3Dスキャナーの種類としてはレーザー光型と構造化光型を取り上げ、製品セグメントでは三脚マウント型やCMMベース、あるいはハンドヘルドやデスクトップ型などに言及している。業種別では自動車産業や輸送機関、健康機器や航空宇宙および防衛産業、土木・建設からエネルギー産業に至るまでさまざまな業種をターゲットとしている。

同レポートでは、市場で高いシェアを占める主要企業についてさらに詳細な分析を行い、会社概要から直近の開発状況、SWOT分析および市場における有望性や将来の潜在的な成長性に至るまでを網羅している。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP