• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Materialise社が3Dプリントソリューションの提供でPTC社と提携

2016年11月28日

Materialise社 ベルギー ルーヴェン 2016年11月21日

2016年11月21日 ベルギー ルーヴェン ―― Materialise社とPTC社は2016年11月21日、Creo 4.0ユーザーがクラウドベースプラットフォームのi.materialiseを介して直接3Dプリントを行えるようにするために、Materialise社の主力3Dプリントソフトウェアおよびソリューションと連携可能とすることで合意したと発表した。

世界最大級の3Dプリントファクトリーに接続され、Materialise社製Magic 3D Print Suiteによって動作するi.materialiseプラットフォームは、19種の異なる材料と100種類以上の色および仕上げの組み合わせによる高品質な3Dプリントを実現する。

Materialise社CTOのBart Van der Schueren氏は、「2009年にi.materialiseプラットフォームを立ち上げた際、我々はより多くの一般消費者やホームプロフェッショナル、および小規模ビジネスユーザーへ、プロフェッショナルクオリティにふさわしい、最良の3Dプリントサービスを提供することを目標としていました。というのも、機能や美観、そしてコストに対するニーズに応えるために、さまざまな材料や仕上げを用いて独創的なアイデアへ物理的な形態を与えるためです。今回の、Creo 4.0との連携計画を通じてはるかに多くの人々へ、このようなベネフィットを提供できるPTC社との提携に大変興奮しています。また、PTC社ユーザーのエクスペリエンスをさらに改善するためのPTC社チームとの共同作業を楽しみにしています」と述べている。

PTC社プロダクトマネジメント部門バイスプレジデントのPaul Sagar氏は、「20年以上にわたって、3Dプリントはラピッドプロトタイピング用に利用されてきました。しかしながら、近年では最終製品製造においても3Dプリント技術が有用であることが実証されてきています。その一因として、3Dプリント技術を利用すると、少ない材料で強度を発揮する格子構造のおかげで、非常に軽量な部品を製造できることが挙げられます。このため、Creo 4.0ではこの種の複雑な格子構造をモデル中で直接設計、解析し、最適化するための機能が導入されています。加えて、計画中のi.materialiseとの連携機能により、Creo 4.0ユーザーがプロフェッショナルグレードの3Dプリント製作物を直接、材質や仕上げの種類を指定して発注ができるようになるでしょう」と述べている。

PTC社のパートナーとして、Materialise社はCreo 4.0ユーザーに対して包括的な3Dプリント技術および仕上げへの直接アクセスを提供し、またPTC社の顧客が最終製品で使用する部品を成功裏に設計し、製造を支援するためにPTC社のチームと協力することを心待ちにしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP