• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

333D社が感光性樹脂を用いた3Dプリンターを開発

2017年1月26日

333D社 オーストラリア 2017年1月24日

333D社は2017年1月24日、3DペンメーカーのCreoPop社によって3Dペン用に開発された感光性樹脂のCool Inkを用いる、これまでにない3Dプリンターを開発すると発表した。Cool Inkは、硬化に際して高温である必要がないため、安全性が高い。両社はCool Inkを使用する3Dペンのドッキングクレードルを備えた小型3Dプリンターを開発中であり、同機は3Dペンをエクストルーダーとして使用可能としている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP