• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Carbon社が3Dプリント用新型樹脂3種をリリース

2017年1月27日

Carbon社 アメリカ カリフォルニア州 2017年1月25日

Carbon社は2017年1月25日、同社のCLIPプラットフォーム用エンジニアリングプラスチックとなる、「EPX 81」、「CE 221」、および「UMA 90」をリリースした。EPX 81は、同社が最高の精度と高い強度を持つと謳う樹脂で、ガラス繊維20%(パーセント)含有PBTに匹敵する機械特性と高い耐摩耗性を持つ。CE 221は、シアン酸エステル系の新型樹脂で、その機械特性はガラス繊維強化ナイロンに匹敵する。荷重撓み温度(HDT)が230℃に達することから、電気機器やボンネット内部品など長時間高温環境に晒される部材に適するとしている。UMA 90は、SLA用樹脂として一般的なウレタンメタクリレートをベースとする樹脂。シアンやマゼンタ、イエローなど複数の色が用意されており、複数の色を混ぜて用いることもできる。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP