• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Tytus3D社が30万ドル以下の金属系3Dプリンターを発表

2017年10月10日

Tytus3D社 2017年10月6日

Tytus3D社は2017年10月6日、販売価格が30万ドル以下の金属系3Dプリンター「Tytus」を発表した。Tytusは、最小層間厚み20ミクロンで、EOS社やSLM Solutions社の競合品よりも使い勝手に優れると同社は主張している。Tytusは2-wayの再コーティング機構を備えたL-PBF(レーザー粉末ベッド溶融)システムを搭載し、インコネルを含む活性または非活性材料の双方に対応する。また、Tytusは優れた遠隔監視機能や汎用のGUIを備えることで、製造が容易であることやスマートファクトリーへの対応を謳っている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP