• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

IntelliCAD Technology Consortium(ITC)が「IntelliCAD 8.3」をリリース

2017年1月5日

IntelliCAD Technology Consortium(ITC) アメリカ オレゴン州 ポートランド 2016年12月28日

2016年12月28日 アメリカ オレゴン州 ポートランド ―― IntelliCAD Technology Consortium(ITC)は2016年12月28日、DWG互換CADソフトウェアの最新版となる、「IntelliCAD 8.3」をリリースした。

メジャーリリースとなるIntelliCAD 8.3では、eTransmitコマンドによる図面および関連ファイルのパッケージングや、閉じたエンティティ用のグラデーションパターンの追加、ハッチパターンの使い勝手の改善、選択した要素用のフィルター作成、Openコマンド実行時のファイル検索、およびワークスペースの保存の簡易化などの新機能を備えている。

APIのアップデートには、Open Design AllianceのTeigha version 4.2.0や主なLISP(VL* / VLA* / VLAX*機能)のアップグレードが含まれている。また、ネイティブ形式での.dgnファイル用マークアップをサポートするIntelliCADのバージョンでは、弧ややり直し、尺度、ID、フェンスなど複数の新規コマンドが利用可能となっている。

IntelliCAD 8.3は、Windows Vista、7、8、10の64bitおよび32bit版をサポートしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

PAGE TOP