• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Materialise社が積層造形技術でSiemens社と協力

2017年1月16日

Materialise社 ベルギー ルーヴェン 2017年1月6日

2017年1月6日 ベルギー ルーヴェン ―― Materialise社は2017年1月6日、アディティブ・マニュファクチャリング(積層造形)技術を用いた部品の設計と製造のためのシームレスなプロセスの開発の支援で、Siemens社PLMソフトウェア事業部と合意したと発表した。両社は本合意に基づき、Materialise社の実績ある積層造形ソフトウェア技術をSiemens社のデジタルソリューションへ統合するための共同作業を行う。

Siemens社とMaterialise社は、積層造形が工業界を革新するだろうという将来予測を共有するテクノロジーリーダーである。3Dプリントを工業的な量産へ適合させる流れを加速させることを目的として、Siemens社が世界に誇るPLMソフトウェアとMaterialise社のクラス最高の積層造形技術の統合を模索し、数カ月にわたって両社は緊密な共同作業を行っていた。

Materialise社バイスプレジデントのStefaan Motte氏は、「この度の合意は、工業分野におけるカスタマーオペレーションを単純化し、最適化しうる一連のソリューションをもたらすでしょう。我々は25年以上にわたって積層造形ビジネスに関わっており、オープンで中立的な背景を持つソリューションによってこの技術の限界を押し上げることを促進し、改良してきました。今日では、航空宇宙産業や医療機器などに代表される厳格に規定されたマーケットにおいても積層造形は現実的な解であると宣言できます。大規模工業的量産環境を真に理解する卓越した企業であるSiemens社と協力できることを、本当に喜ばしいと考えています」と述べている。

Siemens PLM Software社マニュファクチャリング・エンジニアリング・ソフトウェア部門シニアバイスプレジデントのZvi Feuer氏は、「積層造形技術は、世界中の製造業関連企業が遂行しているデジタルエンタープライズの改革を構成する重要な要素の一つです。積層造形におけるリーディングカンパニーであるMaterialise社との協力を通じ、我々はこの変革に欠かせないデジタリゼーションツールを提供できるでしょう」とコメントしている。

今回の合意に関する詳細および関連ソリューション、そして合意から得られる利益については、今四半期後半をめどにSiemens社およびMaterialise社の両社から発表される予定となっている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP