• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Hypertherm社が「ProNest 2017 v12.1」をリリース

2017年5月8日

Hypertherm社 アメリカ ニューハンプシャー州 ハノーバー 2017年5月4日

2017年5月4日 アメリカ ニューハンプシャー州 ハノーバー ―― プラズマカッターやファイバーレーザー切断機、およびウォータージェット切断機メーカーのHypertherm社は2017年5月4日、自動切断加工用ネスティングソフトウェア「ProNest」の最新版を発表した。ProNest 2017 v12.1には、ユーザーの助けとなるよう設計された数多くの機能改善が含まれている。主な新機能は以下の通り。

  • ダイナミックアライン:矩形パーツが連結した行、または列を作成し、これらを片側に整列させられる。整列されたパーツは共通線またはブリッジによって連結可能であり、ネスト上で動的整列行または列へ手動ですばやく合わせられる。また、自動ネスティング中に動的整列パーツを作成もできる。
  • 3D CADパーツ傾斜検出:インポート時にSOLIDWORKSやInventorパーツ上の傾斜辺を検出し、自動的にProNestのベベリング機能へ割り当てられる。シングルパスベベリングとマルチパスベベリングの双方に対応している。
  • 複数加工機用出力機能:実行中のProNest加工機用のNC出力ファイルを出力すると同時に、1台または複数台の追加加工機用に作成できる。 全体的に見ると、この新バージョンはProNest 2017がこれまでに市場を牽引してきた機能を元に、コモンラインカットシーケンスからERPと機械インターフェイスモジュールの連携にいたるまでの全てを対象とする、10種以上の新機能や機能拡張を追加したものとなっている。これらの多くは現在のユーザーから提案されたものである。

ソフトウェアサブスクリプション契約がアクティブであるユーザーは追加コストなしに新バージョンへのアップグレートと継続的かつ無制限のテクニカルサポート、およびその他の利益を受けとれる。試用に興味がある場合には、Hyperthermのサイトから詳細情報およびトライアル版を要求できる。

Hypertherm

Hypertherm社CAD/CAMソフトウェア製品部門プロダクトマーケティングマネージャーのDerek Weston氏は、「今回のアップデートでは、ProNestユーザーへより多くの技術的改良を提供します。これにより、手動での調整の必要性を削減し、プログラミングや切断加工について高度なスキルを持たないユーザーでも利用できるようになっています。加えてProNestは、オペレーターによる介入を必要とせず自動的に実行されるTrue HoleやRapidパーツ、ベベル設定に要する時間を大幅に短縮するTrue BevelからなるSureCutテクノロジーにより、ブレイクスルーを実現します。また、今回のProNestのアップデートにおいても、ユーザーが自身の高機能化工場との連携を通じて得られる能力の強化を継続しており、さまざまなMRP/ERPソリューションとの迅速かつ容易な通信を可能としています」と語っている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP