• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Siemens PLM Software社が「Solid Edge ST10」を発表

2017年5月15日

Siemens PLM Software社 アメリカ テキサス州 プラノ 2017年5月9日

2017年5月9日 アメリカ テキサス州 プラノ ―― Siemens PLM Software社のSolid Edgeソフトウェアシリーズの最新版となる「Solid Edge ST10」は、新たな設計技術や高度な流体・熱伝達解析、およびクラウドベースのコラボレーションツールによって、製品開発に関する全ての側面を次のレベルへ引き上げる物となる。パブリッシュツールの改良により、インタラクティブな技術文書の作成やクラウドによる設計データの共有が可能となる。

Solid Edge ST10では、積層造型(3Dプリント)のために部品の形状を最適化することや、積層造型サービスプロバイダーからの見積書の入手や材料選択、配達スケジュールの取得が従来よりもはるかに容易に行えるようになる。

Siemens社独創のConvergent Modelingテクノロジーと組み合わされた、トポロジー最適化技術を新たに統合したことにより、設計者が劇的に製品設計効率を改善できるようになるだけでなく、インポートジオメトリを用いた作業を大幅に効率化する。

Kimball International社R&DエンジニアリングマネージャーのRicardo Espinosa氏は、「我々は、ランプやクッションなどの数多くの3Dモデルをファセット形式でインポートしています。Solid Edge ST10へ新たに導入されたConvergent Modeling技術によって、このようなデータをより迅速に処理できるだけでなく、より柔軟な選択肢をとれるようになりました」と語っている。

Solid Edge ST10では、これまでCADソフトウェアに求められてきた機能を超えて、製品開発と設計を改善するためのツール群からなる、完全なポートフォリオを提供する。自動化された生成的設計能力の新たなサブセットとなるトポロジー最適化技術により、個々の部品設計における重量強度比を短時間で最適化できる。Convergent Modelingは、他社製CADファイルのインポートやトポロジー最適化によって作成された、ファセットとサーフェスやソリッドとの組み合わせからなるジオメトリの処理を大幅に単純化する。新たな解析能力である、完全統合型の流体フロー解析は、異なるアプリケーション間でのデータ移動の必要性を排除し、設計者がSolid Edgeを利用して直接、精度の高い流体フロー解析や熱伝達解析を高速に行える。

統合されたCAM機能の強化により、CNC工作機械の効率的なプログラミングが可能となる。さらに、量産に最適化された複雑な板金コンポーネントを定義する能力をもたらす。新規積層造型ツールでは、ユーザー自身による3Dプリントまたは積層造型サービスネットワークの利用に対応し、材料の選択と提供を最適化する。

また、Solid Edge ST10ではパブリケーション機能が強化されており、詳細な設計イラストをすばやく作成できる。インタラクティブなデジタルドキュメントを作成できるため、製品の正しい製造方法やメンテナンス方法を伝達するうえで役立つ。これらの文書は大元の設計情報とリンクしているため、設計に変更が生じた場合には速やかに反映できる。Solid Edgeに内蔵されたデータ管理機能に加えられた機能拡張や、Siemens社のTeamcenterソフトウェアとの連携性改善により、規模を選ばずあらゆる企業がデジタルエンタープライズへと変革するために有効な、スケーラブルな製品データ管理能力を提供する。また、Solid EdgeのTeamcenter連携においては、コンポーネント階層化やオフライン作業がサポートされている。

Solid Edgeポータルは、他ユーザーやサプライヤー、および顧客とのコラボレーションのために、クラウドベースのソリューションを提供する。同ソリューションにより、製品開発サイクルにおけるコミュニケーションが単純化される。新たな共同作業の枠組みを提供するために、マルチプラットフォームなブラウザーを活用してSolid Edgeやその他の主要なCADアプリケーションのファイルを表示する、クラウドベースのフォルダーを用いてファイルのアップロードや管理を行える。

Siemens PLM Software社シニアバイスプレジデント兼統括マネージャーのJohn Miller氏は、「デジタル化は競争における不利な条件を取り払い、中小企業にも産業界へ変革を起こす機会を提供します。Solid Edge ST10のリリースにより、デジタルエコノミーにおける完全なコラボレーションを実現する、次世代の製品開発ツールからなるポートフォリオを提供できるでしょう」と述べている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP