• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Kubotek社が「KeyCreator 2017 V15」をリリース

2017年8月21日

Kubotek社 2017年8月15日

2017年8月15日 ―― Kubotek社は2017年8月15日、同社のフラッグシップCADソフトウェアの最新版となる、「KeyCreator 2017 V15」をリリースした。KeyCreator 2017 V15では、複数の主要なサーフェスモデリング機能におけるユーザー制御性の強化や、図面レイアウトインスタンスのアップデートおよびリサイズに関する大幅なパフォーマンスの改善が実施されている。また、顧客からの声を反映し、直線寸法テキストのオフセットや断面ビューおよびファイルプレビューイメージの設定用のオプションが追加されている。

KeyCreator 2017 V15におけるサーフェスモデリング機能の強化においては、過去9年間にわたってKubotek社が開発を続けてきた独自のNew Technologyジオメトリックモデリングカーネルの適用範囲が拡大されている。一方で、主要なソリッドまたはサーフェスモデリング関数セットおよびデータベースとしてSpatial社製の3D ACIS Modelerカーネルも引き続き使用されている。Rail SweepやMulti-profile Sweep、Loftなどによって生成される幾何形状は、KeyCreator 2017 V15ではまずNew Technologyによって構築されたのち、ACISへ変換して保存される。

Kubotek USA社COOのRobert Bean氏は、「我が社が長期間にわたり継続してきたモデリングテクノロジーへの投資が商業利用という目覚しい結果へつながったことに興奮を隠せません。KeyCreatorにおけるNew Technologyベースのサーフェス機能の強化においては、最新の64ビット、スレッドセーフなマルチスレッド処理アーキテクチャの利点を最大限に活用しています」と述べている。

KeyCreator 2017 V15では、新たなソリューションパートナーであるopenBoM社と連携し、KeyCreatorユーザーが部品とアセンブリプロパティデータとを紐付けてBOM(部品表)を管理し、コラボレーティブなクラウド環境でCADファイルの画像をプレビューすることが出来るようになっている。さらに、openBoMにより、Kubotek社製品ユーザーのエンジニアや請負業者、およびサプライチェーンパートナーなどがチームや企業、および場所に関わらず同一のBOMを用いて作業することが可能となる。Kubotek社とopenBoM社は、KeyCreatorユーザー向けの無償ウェビナーを8月23日に実施し、両社の連携によってどのようにユーザーが時間を削減し、チーム内コラボレーションを改善できるかをデモンストレーションする予定となっている。

openBoM社共同創設者にしてCEOのOleg Shilovitsky氏は、「KeyCreatorユーザーが設計・製造バリューチェーンを通じてコラボレーションできるようKubotek社と協力できることに興奮しています、加えて、リアルタイム3Dデータアクセス能力や追跡・編集能力、BOM情報に加えられたあらゆる変更によって構成される監査可能な履歴情報といったopenBoMクラウドテクノロジーの利益を提供できるでしょう」と述べている。

Kubotek SpectrumビューアーとKubotek Comparison SuiteソフトウェアについてもV15バージョンがリリースされている。KeyCreatorとSpectrum、およびComparison Suiteの全3種からなるKubotek 3Dソフトウェア製品では、V15リリースに伴い、DirectX 11のグラフィックス機能を新たに活用している。DirectX 11により、グラフィックス表示のアップデートとフレームレートに関するパフォーマンスが大幅に改善される。Kubotek社のテストでは、大規模なモデルや図面において平均的に10%の改善を見ることができたほか、一部の事例では400%もの高速化が実現したとしている。

また、設計者や製造者がどんな形式のファイルに対しても作業可能とするために、Kubotek社3DソフトウェアのV15リリースにおけるファイル互換性についてもアップデートされている。V15リリースでは、以下の主要なCADファイル形式7種について、最新版への対応が追加されている。

  • ACIS SAT 2017 1.0
  • Parasolid X_T v29
  • SOLIDWORKS 2017
  • Autodesk Inventor 2017
  • CATIA V5 R27 (2017x)
  • Creo (Pro/Engineer) - Creo 4.0準拠の図面およびPMI
  • Siemens NX 11

KeyCreator 2017 V15は、無償体験版が用意されている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP