• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CAL

特許取得済みの新技術を搭載! 板金展開に必要な中立線、内Rなどを自動で、そして正確に割り出せる工程検証ツール

CALは実物に近い伸び値の計算、板金部品の正確な展開形状の作成、および曲げ加工時における効率的な工程作成ツールです。特許出願の新技術により、任意の角度のひと曲げサンプルの四点の測定値だけで、板金展開に必要な中立線、Kファクター、内R、伸び値を自動で、そして正確に割り出せます。

SOLIDWORKSデータをスムーズにCALに転送

CALが持つベンドテーブルがSOLIDWORKSのベンドテーブルに置き換わることで、板金機械メーカーや他のソフトハウスが出している板金3D展開ソフトよりも正確な展開モデルを作成し、すぐに3Dシミュレーション(曲げ順、使用金型、干渉有無など)を行えます。もちろんSOLIDWORKSからCALへのデータ転送はワンクリックと簡単です。

加工ミスを軽減する豊富な機能を搭載

CALは板金加工検証ができるだけでなく、加工不可能な部分を予知する検知機能、バーチャル加工機能など、加工ミスを軽減する機能を搭載しています。

機能紹介

活用事例

CALを導入・活用されている群⾺県O社様の事例をご紹介します。

作成部品 ATM筐体および精密板金部品
クリーンルーム用精密板金部品
課題 3次元CADによる設計が主流の大手メーカーから依頼を受ける際に、提供されるデータが紙図面や2次元CADデータから3次元CADデータとなったため、3次元CADを用いた設計環境を構築する必要があった。
お客様から設計込みで受注することも多くなった。
導入効果 以前は他社の3次元板金展開システムでかつそれに対応したSOLIDWORKSを使わなければならなかったが、最新バージョンのSOLIDWORKSで板金製品の作図/展開ができるようになった。
SOLIDWORKSデータをそのままCALで取り込めば加工可否判断ができるので、複数のSOLIDWORKSからのデータを一括処理でき、かつ設計同士で調整ができるようになった。
曲げ加工の作業指示書が新旧機械用全てにおいて、3次元データを用いて提示できるようになった。

CALの価格や動作環境はどうなっていますか?

CALの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP