構造解析

CAEの中で最も利用者人口が多いのが構造解析とよばれるものになります。構造解析は強度、剛性などを予測し、軽量化の検討にも用いられます。世の中にある製品のほとんどが強度に対して保証する必要があり、その裏付けをシミュレーションで確認することはいまや常識となっています。

強度:壊れるかどうかの予測
例)ホイールが破損しないか予測するため、強度解析をおこなう。
剛性:変形しにくさの目安
例)クルマの走行性能に影響する、ホイールの剛性解析をおこなう。

ホイール

PAGE TOP